デジタルマーケティング研修が全社員におすすめな理由!社員教育の必要性と身に着けたいスキル

デジタルマーケティング研修が全社員におすすめな理由!社員教育の必要性と身に着けたいスキル

DX化が進むとともに、社員にデジタルマーケティングの研修を課す企業が増加しています。
これは社内全体でデジタルマーケティングの知識を共有することで、スムーズな業務遂行や分析力向上、市場競争力の底上げを狙うものです。

そこで今回は、デジタルマーケティングをご検討中の方へむけて、デジタルマーケティング研修の必要性や身につけたい知識、教育方法を網羅してご紹介します。

デジタルマーケティングとは?

デジタルマーケティングとは、インターネットやAI、SNSやIoT、ビッグデータなどの、あらゆるデジタル技術を活用したマーケティング活動のことです。

インターネットの普及でSNSや口コミが消費者の情報収集の元となり、検討プロセスが変化するにつれて企業が発信する公式な情報が必ずしも消費者へ届くとは限らない時代となりました。
このような市場環境で消費者のニーズを把握して最適なアプローチを行うためにも、デジタルマーケティングを全社員が学ぶ重要性はさらに高まっています。

マーケティング市場の今後の傾向についてはこちらの記事もご覧ください。
拡大するMA(マーケティングオートメーション)市場!その背景と今後の動向

デジタルマーケティング研修の必要性

デジタルマーケティングの知識は、一部のマーケターだけが理解していれば良いわけではありません。
実はデジタルマーケティングを理解する社員が多い企業ほど、ビジネスを有利に進められることをご存知でしょうか。

ここでは、社員全員にデジタルマーケティング研修が必要な理由を4つご紹介します。

ビジネスの成功には社員のデジタルマーケティング理解が重要

近年の消費者活動の変化により、マーケティングとデジタルテクノロジーは切っても切り離せない関係になりました。

そのため、もし社内でデジタルマーケティングの重要性を理解していない社員や部署があると、そこがボトルネックとなりビジネス全体の成果につながりづらくなります。

また、経営判断をする役員がデジタルマーケティングを理解していない場合、成果が正当に評価されなかったり、予算やリソースが削られて運用が困難になる可能性も否定できません。

常にデジタルマーケティングは人材不足

デジタルマーケティング人材は求められるスキルが膨大なうえ、変化し続けるデジタル技術のアップデートに対応しなければならないため、そもそも人数が多くありません。

それに加えて、近年の感染症拡大によるオンライン活動の増大によりマーケティング人材の需要が急増したことで、さらに人材供給が追いつかない状況です。

デジタルマーケティング人材についてはこちらの記事もご覧ください。
デジタルマーケティング人材の確保は難しい?その理由と解消方法とは

デジタルマーケティングでDX推進に欠かせないスキルも身に付く

DXとは「デジタル技術でサービスやビジネスを変革し、新たな価値や競争力を確立すること」であり、デジタルマーケティングもこの分野のひとつです。

もしデジタルマーケティングの取り組みが遅れてDX化が進まないと、デジタル化する市場ニーズに対応できず競争に負けてしまい、企業にとって大きな損失につながります。

デジタルマーケティング活動の理解は事業を理解すること

マーケティングとはそもそも、顧客に提供する価値を決定し、製品やサービスを生産、消費者へ届けるという一連のビジネス活動です。

このような自社ビジネスへの理解は、開発・生産・営業など他の部署でも変わらず必要とされます。
全社員がマーケティングマインドをもって事業に取り組めば、より企業の競争力や生産性を上げることができるでしょう。

デジタルマーケティング研修で身につけたいスキル

デジタルマーケティングは、職種や役職、会社の環境によっても必要なスキルは異なってきます。
その領域は多岐にわたるため、まずは自社に求められる分野やスキルを見極めることが重要です。

また、マーケティングとは直接関係がない社員でもマーケティング概論やデータ分析などのマインドを身につけることで「商品を売る仕組みづくり」を意識して働くことができるようになります。

ここではデジタルマーケティングで身につけたい知識を網羅して解説しますので、まずは自社に必要なポイントを確認するのにお役立てください。

マーケティング概論

マーケティングの流れや各フェーズにおけるマーケティング戦略と手法などを学ぶものです。
リードジェネレーション(顧客獲得)、リードナーチャリング(購買意欲の育成)、ペルソナやターゲット選定、市場分析、カスタマージャーニーなどが含まれます。

社員全員に顧客視点のマーケティングマインドを浸透させれば、企業の競争力を高めることにもつながります。

ペルソナとカスタマージャーニーについてはこちらの記事もご覧ください。
ペルソナ設定とカスタマージャーニーの作り方

WEB広告

WEB広告の運用方法を体系的に学びます。
Google広告やSNS広告など各媒体の特徴や、リスティング広告とディスプレイ広告、アカウント構造、入稿フローなどが学習内容です。

レポーティング手法や分析方法を学ぶことで、広告運用や費用対効果を最適化することができます。

SEO

SEOは「検索エンジン最適化」ともよばれ、オウンドメディアの検索順位を上げて集客力を高めるための施策全般のことです。
Googleの方針、SEOに強いキーワード選定やWebページ制作方法、Google Search Consoleなどのツール使用方法を学びます。

SEO施策は中長期的な取り組みとなるため短期的な成果は出にくい手法ですが、この点も社内で理解を深めておけば適切に評価され、安心してSEO施策に取り組めるようになるでしょう。

SEOについてはこちらの記事もご覧ください。
コンテンツSEOとは?上位表示される質の高い記事やユーザー分析のポイント

SNS

twitterやfacebook、LINE、Instagramなどの各SNSを通じたマーケティング手法を学習します。
企業アカウントの運用、キャンペーンやプロモーション、炎上リスクや対処などを理解し、顧客とコミュニケーションをとりながら自社ファン獲得を目指します。

アクセス解析・データ分析

PDCAに欠かせない、適切な効果検証の方法を学習します。
Googleアナリティクスなどのアクセス解析ツールや、Webマーケティング、カスタムレポート作成方法、的確な効果測定やデータ選定、広告のアトリビューション分析などのフレームワークなどです。

分析のスキルはマーケティング以外の職種でも役立つため、社員全員で学習するメリットが大きな項目でもあります。

デジタルマーケティング教育の方法

デジタルマーケティング人材を教育するには、まず社内の業務フローの整理や体制の見直し、学習カリキュラムの作成など、社内教育ができる環境を整えることが大切です。

しかし、デジタルマーケティングの人材育成は、その分野の広さや指導者不足から自社のみで行うには難易度が高いと言われています。

そのため外部研修や講座の導入や、支援企業、人材派遣などをうまく活用しながら、並行して社内の指導者育成や環境の整備を行うのがおすすめです。

外部研修や講座

デジタルマーケティングの研修や講座は、多種多様なカリキュラムやeラーニング、動画学習などが増加しており、受講者のキャリアやスケジュールに合わせて最適な学習をすることができます。
断片的な知識になりがちな自己学習や、実務に偏りがちなOJTとは違い、体系的にデジタルマーケティングを学習できることもメリットです。

また、社内で共通の研修を受けることで共通言語がうまれ、社内全体のスキルや知識レベルを底上げすることで業務効率化やDX化も進むでしょう。

支援企業や人材派遣

支援企業や人材派遣を活用すれば、差し迫ったリソース不足を短期間で解消することができます。
また外部人材を活用することで、ウェブ解析士などの資格を持ったプロを投入することも可能です。

 ノウハウのある経験者を活用すれば社内にデジタルマーケティングのノウハウを蓄積しやすくなり、将来の内製化の準備も進めやすくなります。

デジタルマーケティング研修ならコクーにご相談ください

デジタルマーケティング人材に求められる経験やスキルは、企業の施策やIT環境によって異なります。
そのため効果的に研修を行うには、企業や部署ごとに必要なスキルや知識を見極めることが求められます。
しかし実際は研修担当者だけでは対応しきれず、カリキュラム作成や人材育成に困ってしまう企業も多いのではないでしょうか。

もし社員のデジタルマーケティング研修をご検討中であれば、ぜひコクーにご相談ください。
私たちコクーでは、お客様の状況や要望に合わせてカスタマイズできる「デジタルマーケティングカリキュラム」をご用意しています。
知識ゼロの未経験者から経験者まで幅広く対応しており、プロの現役マーケターに直接質問していただくことも可能です。
社内のデジタルマーケティング知識を高めることから、市場競争力の底上げをしてゆきましょう。

関連する記事

MA(マーケティングオートメーション) , メルマガ , メールマーケティング
おさえておきたい!読まれるメルマガにある3つの共通点とは?

おさえておきたい!読まれるメルマガにある3つの共通点とは?

MA(マーケティングオートメーション) , デジマ女子のスキル , WEBマーケティング
MAツールの運用代行サービスとは?メリット・デメリットを解説!

MAツールの運用代行サービスとは?メリット・デメリットを解説!

MA(マーケティングオートメーション) , SEO , 広告 , SNS , ウェビナー , WEBマーケティング
リードジェネレーションの意味とは?8つの具体的手法を初心者にもわかりやすく解説

リードジェネレーションの意味とは?8つの具体的手法を初心者にもわかりやすく解説

よく見られている記事

CONTACT
お問い合わせ

デジタルマーケティングに関するご相談などは お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

telphone

受付時間:平日9:30~18:00