Looker Studioの使い方を解説!基礎から困ったときの対処法まで網羅!

Looker Studioの使い方を解説!基礎から困ったときの対処法まで網羅!

Looker Studioは、ビジネスデータを簡単に可視化・レポート化してくれるダッシュボード構築ツールです。しかしいざ使い始めると「ディメンション」「データソース連携」など、専門用語や操作方法がわからず困ってしまう方も多いようです。

そこで本記事では、Looker Studioでできることやメリット、基本的な使い方を、初心者にもわかりやすく解説します。最後によくある困りごとへの対処法も紹介していますので、Looker Studio導入を検討している方や、データ分析を効率化したい方は、ぜひ参考になさってください。

Looker Studio始める手順と使い方

Looker Studio始める手順と使い方

初めてLooker Studio(旧Googleデータポータル)を使う方向けに、ステップバイステップで、ログインの方法や便利な使い方を詳しくご紹介しています。
資料ダウンロード

Looker Studioとは

Looker Studioとは、Google Cloudが提供する完全クラウドベースの無料BI(ビジネスインテリジェンス)ツールです。Googleアカウントさえあれば誰でも使用でき、Googleアナリティクスなど800以上のデータソースに接続できます。

もともとは「Googleデータポータル」という名称でしたが、2022年10月11日に製品名が「Looker Studio」へと変更されました。

リアルタイムで簡単にビジネスデータを一元化・可視化してくれるので、デジタルマーケティングで負担になりがちな分析作業を自動化できることが導入メリットです。BIツールについてはこちらの記事もご覧ください。

関連記事:BIツールでマーケティング分析を最適化!

できること

Looker Studioは無料ツールながら高品質な機能を多く備えており、使いこなせればマーケティングの業務効率化を大幅に前進させることも可能です。

ここでは、知っておきたいLooker Studioのポイントを「接続」「視覚化」「共有」の3点に絞ってご紹介します。

1.接続

Looker Studioは、SNS広告などの外部サービスを始め、プログラミング不要でBigQueryやMySQLなどの様々なデータベース管理システムに接続することができます。
またGoogleサービスとの互換性も高く、アナリティクスやSearch Console、Google広告、スプレッドシートなどもシームレスに接続することが可能です。

メリット

Looker Studioを使うことで、これまでのようにデータ分析のために複数ツールからCSVを取り込む必要がなくなり、飛躍的に業務効率化が進みます。

また、集積してきたExcelデータや接続未対応のデータでもスプレッドシートにアップロードすることで接続できるため、過去データを有効活用できることも大きなメリットです。

2.視覚化

Looker Studioは数クリックで、蓄積したデータを棒グラフ・円グラフ・表などでダッシュボードに視覚化できます。また自動でデータが更新されるため、リアルタイムのデータをモニタリング可能です。

メリット

ドラッグ&ドロップで直感的に操作しやすいことはもちろん、一度作成したレポートは自動更新されるため使い続けることができます。
毎回イチからレポートを作成する手間が省け、コア業務に集中できることで生産性向上が期待できるでしょう。

3.共有

Looker Studioでは、編集・閲覧権限のコントロールだけでなく、完成したレポートのPDF化や月次配信も簡単に設定できます。
また、リンクをチーム内で共有するだけで同時に数値確認をしたり、共同編集も可能です。

メリット

データ共有の手間がかからないため、チームや他部署との連携が簡単です。
分析結果の共有がスムーズになることは、課題発見やPDCAの高速化、業務推進速度の向上が見込めます。

Looker Studio

Looker Studioの使い方

ここでは、基本的なLooker Studioの設定ステップと使い方をご紹介します。

1.ログイン

初めての方はLooker Studioにアクセスし、「Get started(無料で利用開始)」を選択します。

このとき「接続したいデータソースのアクセス権を持つGoogleアカウント」でログインしないとデータソースが表示されないので、注意しましょう。

参照|Looker Studio

2.レポートにしたいデータソースを選択

まず、Looker Studioにログイン後、左上の「+作成」のプルダウンから「データソース」を選択しましょう。具体的な接続方法は、Googleアナリティクスとスプレッドシートを連携する手順を例に解説します。

Googleアナリティクスの連携

データソース一覧から「Googleアナリティクス」を選択し、アクセス権の「承認」をクリックします。
その後のページでアカウントやプロパティを設定して、右上の「接続」をクリックすれば、接続完了です。

スプレッドシートの連携

データソース一覧から「Google スプレッドシート」を選択します。その後、連携したいシートとワークシートを選択し、右上の「接続」をクリックすれば連携完了です。

3.レポート作成(表やグラフなどの形式を選択)

データソースの接続が完了したら、右上の「レポートを作成」をクリックします。
すると新規レポートが作成されるので、まずツールバー中央の「グラフを追加」を選択しましょう。
プルダウンから表、スコアカード、グラフなどを選択して、データの可視化形式を指定します。

その後、レポートがわかりやすくなるようにグラフにフィルタをかけましょう。

ツールバーの「コントロールを追加」を選択し、右側のプロパティパネルから「ディメンション」「指標」「期間」などを指定すれば簡単にフィルタ設定ができます。

ディメンションとは「データの切り口や範囲」、指標とはグラフ化する「具体的なデータ」を指定するものです。例えば、ディメンションを「ページタイトル」指標を「平均ページ滞在時間」に指定すると、Webページごとの滞在時間レポートを作成できます。

テンプレートを使用することもできるので、レポートの目的に合わせて調整しましょう。

4.分析

レポートは一度作成すれば自動更新されます。
可視化されたデータから「改善点」や「成功点」の分析をして現状を把握し、PDCAを回しましょう。

5.共有

完成したレポートはPDFやメール、URL、招待メールなどで共有することができます。
右上の「+共有」タブから、必要に応じてチーム内で共有しましょう。

レポートデータの使い方についてはこちらの記事もご覧ください。

関連記事:MAツールでの顧客データ分析とは?データ活用や分析方法を紹介

Looker Studio

Looker Studioで困ったときの対処法

Looker Studioを使用していると「読み込みが遅い」「更新されない」とお困りの声をよく聞きます。
ここでは具体的な対処法をお伝えしますので、参考になさってください。

データの読み込み速度が遅い

Looker Studioのデータ量が肥大化すると、レポートの表示速度はどうしても遅くなります。
この場合、Looker Studioの「データ抽出機能」から中間データを作成することで、読み込み時間の短縮が可能です。

まず、Looker Studioのデータソース一覧から「データの抽出」を選択します。
そこでデータソース、サイズ(ディメンション)、指標、期間などを設定し、右下の「保存して抽出」をクリックすれば、中間データの作成は完了です。

視覚化されたデータが最新の数値になっていない

Looker Studioはデータソースから自動データ取得機能が備わっていますが、実はすべてがリアルタイムで更新されているわけではありません。

データソース毎に更新頻度が異なるため、最新データを表示する場合は手動で「データを更新」をクリックして最新化するようにしましょう。

デジマ女子はLooker Studioによる業務効率化を支援します

Looker Studioを駆使すれば、ビジネスデータの視覚化や分析が今よりずっと簡単になります。
レポート作業を効率化することで、より重要なコア業務や、課題の洗い出し、次の施策の検討・実行に集中できる環境を整えましょう。

もしLooker Studioへの連携や、収集したデータの活用、社内のリソース不足でお悩みの際は「デジマ女子」にお任せください。デジマ女子はMA・広告・WEBサイト運用のスペシャリスト部隊として、貴社の業務効率化やデータ活用をサポートします。

まずはLooker Studioを足がかりにして、業務効率化をすすめていきましょう。

Looker Studio始める手順と使い方

Looker Studio始める手順と使い方

初めてLooker Studio(旧Googleデータポータル)を使う方向けに、ステップバイステップで、ログインの方法や便利な使い方を詳しくご紹介しています。
資料ダウンロード

関連する記事

MA(マーケティングオートメーション) , メルマガ , メールマーケティング
おさえておきたい!読まれるメルマガにある3つの共通点とは?

おさえておきたい!読まれるメルマガにある3つの共通点とは?

MA(マーケティングオートメーション) , デジマ女子のスキル , WEBマーケティング
MAツールの運用代行サービスとは?メリット・デメリットを解説!

MAツールの運用代行サービスとは?メリット・デメリットを解説!

GA4(Google Analytics) , 調査・分析 , WEBマーケティング
ユニバーサルアナリティクス(UA)のバックアップ方法とは?無料・有料あわせて解説

ユニバーサルアナリティクス(UA)のバックアップ方法とは?無料・有料あわせて解説

よく見られている記事

CONTACT
お問い合わせ

デジタルマーケティングに関するご相談などは お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

telphone

受付時間:平日9:30~18:00