マーケティングツール

知らないともったいない!「Adobe CC」であなたのつくる力を引き出す

知らないともったいない!「Adobe CC」であなたのつくる力を引き出す

目次

今や多くのデザイナーやクリエイターが活用しているAdobe CCツール。

なかでも、PhotoshopIllustratorといったツールを耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか。実はAdobe CCには20種類以上のデスクトップ、モバイルアプリケーションやサービスが含まれています。
グラフィック制作や動画制作など、作りたいものに合わせてツールを選択し組み合わせることで、よりレベルの高いクリエイティブ制作を行うことができます。 

Adobe CCとは?

考える人のイラストAdobe CC(Adobe Creative Cloud)とは、Adobe社が提供しているクリエイティブソフトのサブスクリプション(定期課金)サービスのことです。

Adobe CCには、次のような特徴があります。

クリエイティビティを発揮

20種類以上のクリエイティブソフトがそろい、PhotoshopIllustratorなどの多機能なデザインアプリのほか、PDFによるデジタル文書の編集や共有を行うことができます。
また、モバイルデバイスやデスクトップなど、どこからでもアクセスが可能です。

1ライセンスで2台まで利用可能

MacとWindowsの両方に対応しており、最大2台まで同時にインストールが可能です。
ただ、2台同時にアクセスができないため、いずれかのデバイスをログアウトさせる必要があります。

共同作業の効率化

Creative Cloud ライブラリを使用すると、チームのメンバーとデータを共有することができ、チームでの作業を効率化します。
また、SlackMicrosoft teamsといったアプリと連携することで、生産性の向上につながります。 

Adobe CCで使用できるクリエイティブソフト

PsとAiの文字が入ったイラスト

では、Adobe CCのクリエイティブソフトにはどんなツールがあり、どんなことができるのでしょうか。
ソフトの概要や、それぞれのソフトができることを解説していきます。

Photoshop

Photoshopは、業務で使うことを前提にした、高機能かつ凡庸性のある画像の編集・作成、写真加工ソフトです。パソコンやスマートフォンで簡単に使用することができます。

思い通りに写真の編集ができるのはもちろん、Webデザインやバナーデザインの作成、イラストの作成など、幅広い用途で活用することができます。

Photoshopでは、次のようなことが可能です。

画像/写真の加工

明るさやコントラスト、カラーバランスや色の置き換えなど、幅広い色調補正機能が備わっています。白黒写真やフィルム風の写真など、出したい雰囲気に合わせて色味を調整することができます。

そのほかにも、傾き補正や、写真に写り込んだ不要な部分を除去、あるいは人や物などを写真内の別の場所へ動かす事も可能です。

合成写真の作成

Photoshopでは、自然な仕上がりの合成写真を作成することができます。
備えつきの「クイック選択ツール」や「投げなわツール」といった、切り抜きツールを使用することで、髪の毛や動物の毛といった被写体の細かい部分を綺麗に切り抜くことができます。

文字の加工

写真や画像に文字を追加するだけでなく、文字の縁取りやグラデーション、変型などの効果をつけることができます。また、写真を文字型に切り抜くというマニアックな加工も可能です。

 Photoshopの機能をいくつかご紹介しましたが、使い方次第で幅広く色々なことができるのです。
また、Photoshopに関連するソフトに、「Photoshop Lightroom」というものがあります。Photoshopほど高度な編集機能はありませんが、主に写真の編集や管理を簡単に行うことができるソフトです。
Photoshopよりも操作が簡単なため、写真編集ソフト初心者の方にもおすすめです。

Illustrator

Illustratorでは、自由度の高いデザイン機能を活かして、イラストやロゴの作成、ポスター・チラシのデザインなどを行うことができます。

また、Photoshopが「ラスタ編集方式(1pixelの点が並び構成されたデータ)」なのに対し、Illustratorで作成されたイラストやロゴなどのデータは、「ベクター編集方式(複数の点や色彩を数値で管理しているデータ)」で作成されるため、拡大・縮小をしても画像が劣化することがないのが特徴です。

Illustratorでは、次のようなことが可能です。

ポスターやチラシの作成

画像やテキスト、イラストを自由にレイアウトできるため、幅広いデザインを行うことができます。拡大・縮小による画質の劣化がないため、名刺から看板のような大きさのポスターまで、さまざまなサイズの印刷物のデザイン制作に利用することができます。 

イラストや図の作成

Illustratorのペンツールを使用してイラストを描くことができるのはもちろん、ペンがなくても、「シェイプ形成ツール」などのツールを利用して簡単なイラストを描くことも可能です。

ほかにも、「Adobe Capture」というモバイルアプリと連携することで、LINEスタンプの作成を行うことができます。

ロゴのデザイン

文字の変形や画像と文字を組み合わせることで、企業やお店の象徴となるオリジナルロゴを作成することができます。

また、Illustratorと「Adobe After Effects」というソフトと組み合わせることで、より表現力が高く動きのあるモーションロゴを作成することもできます。

Experience Design(XD)

XDは、WebサイトやモバイルアプリのUI/UX(デザイン性や操作性)デザインツールです。ワイヤーフレームやデザインカンプ、プロトタイプを作成し、リアルタイムでの共同作業が可能なため、効率良く作業を進めることができます。

なお、XDでは次のようなことが可能です。

ワイヤーフレーム、デザインカンプの作成

パスの作成やクリッピングマスク、透過などのデザイン編集機能のほか、「リピートグリッド」という機能があります。要素の繰り返しがドラッグひとつでできるため、時間の短縮にもなり、WebサイトやUIデザインを作成する際にとても便利です。

プロトタイプの作成

プロトタイプとは、ページデザインに加え、実際のWebサイトまたはアプリのように操作することができる機能です。
デザイン制作段階から動作を検証できるため、デザインや動作性のイメージがしやすくなります。

共有とコメント

作成したプロトタイプのURLを共有することで、共有したものに対して閲覧者がコメントを残すことができます。コメントに対して返信をしたり、ページ内の特定の箇所に言及することも可能です。

Acrobat DC

PDFの作成、編集、共有などのPDFに関する作業を効率的に行うことができるソフトです。
Acrobat DCでは、次のようなことが可能です。

 PDFへの変換

WordExcelJPEGHTMLなど、さまざまなファイル形式の文書をPDFに変換することができ、逆にPDFをこれらのファイルに変換することも可能です。

PDFの編集

PDFのテキストや画像を編集することができるほか、複数の異なる形式のファイルを一つのPDFに結合することや、ページの削除・追加、並び替えなどの柔軟な編集が可能です。

PDFの共有

PDFのオンライン共有ファイルのリンクを送信することで、ファイルを共有することができます。
また、共有URLの設定により、相手がファイルを確認したかの追跡も可能です。

使わないと損!ソフト以外の便利なサービス

ひらめきイラスト

Adobeでは、これまで紹介してきたデスクトップ/モバイルアプリ以外に、Adobe StockAdobe Fontsといったサービスを提供しています。

Adobe Stock

厳選された数千万点の高品質な画像やグラフィック、ビデオやテンプレートが購入できる、ストックフォトサービスです。
基本的には有料ですが、約7万点の商用利用が可能な無料素材も提供されています。
Adobe Stockは、上記で紹介したPhotoshopIllustratorXDなどのデスクトップアプリケーションに組み込まれているため、アセットがデスクトップやモバイルデバイスのどこにあっても、すぐにアクセスすることが可能です。
また、Creative Cloudと併用することでデータ共有が簡単になり、チームでの作業も効率的に行えます。

Adobe Stockの利用料金は以下の通りです。
無料体験版での利用もできるので、気になった方はぜひ利用してみてください。

通常アセット
10点プラン
3,480/
通常アセット
40点プラン
9,480/
通常アセット
350点プラン
21,980/
通常アセット
750点プラン
24,980/

Adobe Fonts

Adobe Fontsのフォントライブラリには、15,000以上のフォントが収録されています。

Creative Cloudの主要アプリから直接Adobe Fontsのサイトにアクセスし、フォントの検索、アクティベート(同期)することができます。同時にアクティベートできるフォント数に制限はありません。

商用利用が可能で、ロゴなどのデザイン用のフォントとしてだけでなく、Webフォントとしても利用することができます。

Adobe Fontsのプランは以下の通りです。
無料プランは、Adobe IDに登録(無料)するだけで利用できます。

無料プラン 6,000以上のフォント
フルプラン 15,000以上のフォント

Adobe CCのプランと購入方法

カゴのイラスト

Adobe CCには、3つのプランがあります。

フォトプラン 1,078円/月(税込)〜
利用できるアプリ:Photoshop/Lightroom/Lightroom Classic
単体プラン 2,728円/月(税込)〜 ※Acrobat DCは1,738円/月(税込)
Photoshop/Illustrator/InDesign/Acrobat DC/After Effects…
などから1アプリのみ選択
コンプリートプラン 6,248円/月(税込)
Photoshop/Illustrator/InDesign/Acrobat DC/After Effects/ XD…
を含む20以上の全てのデスクトップ・モバイルアプリ

Adobe CCは、Adobeの公式ホームページからダウンロードできます。

3つ以上のソフトを利用する場合は、コンプリートプランがおすすめです。
7日間の無料体験期間があるので、気になったアプリや利用を検討しているアプリを試したうえで、自分に合った最適なプランはどれか、判断してみるのも良いでしょう。

まとめ

3人のイラスト

Adobe CCの概要やソフトの特徴についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。これらのソフトを使いこなすほど、あなたのつくる力を引き出し、クリエイティブの幅がどんどん広がっていくでしょう。

よりクオリティの高い作品づくりや業務の生産性向上のために、Adobe CCの利用をぜひご検討ください。

Webサイトの制作なら、デジマ女子(R)にお任せください!

Webサイトの制作を検討するなかで、このようなお悩みはございませんか。
「クリエイティブ制作できる人材がいない」
「コストを抑えてページ制作をしたい」

デジマ女子(R)では、Webサイトデザインのご提案から、クリエイティブ制作、Webサイト運用まで、お客様のWebマーケティングをトータルでご支援いたします。
詳しくは、デジマ女子(R)のWEBページ制作サービスにてご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

       img_ma-pardot_06

いそ
デジタルマーケティング事業部カスタマーサクセス部所属。Hubspotを用いた自社HPのブログ執筆を担当しています。PhotoshopやIllustratorでのデザイン制作も勉強中です。インスタグラムで糖質オフのお菓子レシピや美容・ファッションなどに関する情報を集めることが好きです。

よく見られている記事

CONTACT
お問い合わせ

デジタルマーケティングに関するご相談などは お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

telphone

受付時間:平日9:30~18:00