おさえておきたい!読まれるメルマガにある3つの共通点とは?

おさえておきたい!読まれるメルマガにある3つの共通点とは?

読まれるメルマガを作成するためには、「タイトルや見出し・コンテンツ内容・配信タイミング」の3つのポイントを最適化しなければなりません。

そこで今回は「読まれるメルマガの3つの共通点」として、マーケターが押さえておくべきメルマガ配信のポイントを徹底解説します。すぐ実践できるよう重要なポイントに絞って解説しますので、「開封率が上がらない」「クリックされない」とお困りの方は、ぜひこの記事を読んで改善の参考になさってください。

読まれるメルマガの重要性とは

メルマガは、メールマーケティング手法における重要なコミュニケーションツールのひとつです。要点を押さえて配信できれば、自社商品の認知度拡大や顧客との良好な関係構築に役立ちます。

しかし残念ながら、いくら有益なコンテンツを発信しても、読者に読んでもらえなければ意味がありません。読者に確実に情報を届けるためにも、まず「読まれるメルマガ」の共通点を知り「読みたい!」と思ってもらえるメール作成のコツを学ぶことが重要です。

関連記事:メールマーケティングの分析方法とは?おさえておきたい効果測定の指標や具体的な改善策

mail-magazine-point_main

共通点1.メルマガのタイトルと見出しが魅力的

「読まれるメルマガ」を作成するためには、読者の興味関心をひき、メールの開封率・読了率をあげるタイトル(件名)と見出しが欠かせません。

ここでは、訴求力の高いタイトル・見出しを作成するためのポイントをご紹介します。

タイトルは読者のメリットまで提示する

読者は基本的にメルマガのタイトルをみて「メールを開封するかどうか」を決めています。そのため、タイトルではメルマガの内容を短くまとめ、かつ読者にとっての読むメリットまで明確に伝えることが大切です。

例えば、単に「月末まで開催するセール情報のお知らせ」とするより、「シークレットセール!月末まで10%OFFクーポンをプレゼント」としたほうが開封率は上がります。

訴求すべきポイントを具体的に提示し、キーワードを効果的に使用しましょう。

見出しは視覚的にわかりやすくする

メール内の見出しを工夫し、最後まで読ませるレイアウトを作り出すことも大切なポイントです。HTML形式のメールであればテキストの大きさや装飾、文字の色などを活用し、URLや画像を埋め込むなど視覚的な工夫ができます。

読了率を高めるためにも、パッと見て読者がコンテンツの構成を理解し、自分の読みたい部分を発見できるようアプローチしてみましょう。

共通点2.メルマガのコンテンツが読者の関心と一致している

読まれるメルマガに共通しているポイントは「メールの内容が読者ニーズにあっていること」です。読者がメールを開封しても興味のないコンテンツであればすぐに閉じてしまうか、迷惑メールと誤解されたり配信停止にされかねません。

ここでは、メルマガのコンテンツを魅力的にするポイントを3つご紹介します。

ターゲットに合わせたテーマを設定する

マーケティング施策すべてに言えることですが、魅力的なメルマガにするためには、ターゲットのニーズに合ったコンテンツを配信しなければなりません。

例えば、ビジネスパーソン向けであれば業界の最新トレンドやニュース解説記事、主婦層に向けては生活情報や趣味情報などが効果的でしょう。また、価値あるコンテンツを提供することはもちろん、ターゲットに合わせたトーン・マナーにしたり、難しい専門用語は避け読みやすい文章にすることも大切です。

まずは自社の顧客データや過去のメルマガにおける反応を分析し、配信対象となるターゲットや「どのような情報に興味関心があるのか」「解決したい課題や問題はなにか」を把握しましょう。

具体的かつ説得力のあるコンテンツにする

どんなに読者が興味のある内容でも、説得力に欠けるコンテンツではその後のリンククリックや資料請求などの成果につなげることはできません。読者の信頼を得るためにも、コンテンツ内容は数字などの客観的情報を織り交ぜながら、具体的な成功事例など、参考になる情報を積極的に掲載してみることが大切です。

「このメルマガを読んでよかった」と読者が思ってくれれば、その後の成約にもつなげやすくなります。

コンテンツ末尾には顧客の行動を促す工夫をする

一般的にメルマガ配信の目的は、顧客の購買意欲向上や最終的な商談化です。そのため、有意義な情報発信をするだけではなく、メルマガ本文の最後に「ユーザーに次の行動を促す仕組み」を含めておくとよいでしょう。

自社製品のURLや関連記事のリンクを載せるだけでなく、アンケートや質問を投げかけたり、コメントやフィードバックなどのコミュニケーション手段を増やすなど、エンゲージメントを深める工夫がおすすめです。

共通点3.適切なタイミングと頻度でメール配信をしている

読まれるメルマガにとって、クリック率を大きく左右するのがメール配信のタイミングと頻度です。近年では、メール受信者の多くはスマホによるメルマガ購読者も少なくありません。

ターゲットやコンテンツ内容によって最適な配信方法は異なるため、最も成果が出やすいタイミングはいつなのかを十分に検証してみましょう。

ターゲットの生活リズムを把握する

自社のターゲットがいつメールチェックをしているのか、どの曜日・時間帯であればじっくり内容を読む時間があるのかなどを、あらかじめ把握しておくことが理想的です。業種やライフスタイルなどによって異なるため、複数回にわけてメールを送信し、テストを行うとよいでしょう。

一般的なメールマガジン配信に向いている時間帯は、以下のとおりです。

ビジネスパーソン向け(BtoBメルマガ)

忙しい月金は避け、火曜・水曜・木曜の平日がよいとされています。

比較的メールチェック率が高い時間帯
  • 出勤後(9:00〜10:00)
  • 昼休憩後(13:00〜14:00)
  • 業務終了近く(17:00ごろ)

主婦向け(BtoCメルマガ)

主婦層は平日の10:00〜14:00ごろの家事が落ち着いた時間帯か、夜間帯がおすすめです。
コンテンツ内容によって異なりますが、エンターテインメント関係のメルマガは土日配信も効果的です。

バランスのよい配信頻度を保つ

一般的に、メールマーケティングに適切な頻度は、週1回から月1回程度とされています。メルマガ配信は定期的かつ、読者が不快にならない頻度にしましょう。

あまりにも頻繁だと配信解除や迷惑メール設定の対象にされるリスクがあるものの、反対に間隔があきすぎてしまうと自社ブランドが記憶から薄れてしまいます。コンテンツ内容やニーズによって最適な配信頻度は異なるため、読者の反応をみつつ、バランスの良い配信頻度を設定するようにしましょう。    

読まれるメルマガ作成のために

読まれるメルマガに共通するポイントは、魅力的なタイトルや見出し・読者ニーズに合ったコンテンツ・配信タイミングと頻度の最適化の3点です。

メルマガ施策で成果が出れば、自社サービスの認知度向上だけでなく、顧客とのコミュニケーション強化や売上アップにもつながります。もし、メルマガ施策を何から初めていいかわからない、ノウハウがなく改善ポイントがわからないなどでお困りの方は、デジマ女子の「MA導入サービス」をご検討ください。

MA(マーケティングオートメーション)は、メール配信システムを備えたマーケティング活動全体の負担軽減・自動化ツールです。ITとデジタルマーケティングのノウハウを持ったエキスパート「デジマ女子」が密に連携し、お客様の状況にあわせてメルマガ施策の伴走支援を行います。

メールマーケティングを成功に導くため、まずはお気軽にお問い合わせください。

関連記事:MAとメール配信システムの違いを徹底解説!マーケターが本当に導入すべきツールとは?

関連する記事

MA(マーケティングオートメーション) , デジマ女子のスキル , WEBマーケティング
MAツールの運用代行サービスとは?メリット・デメリットを解説!

MAツールの運用代行サービスとは?メリット・デメリットを解説!

MA(マーケティングオートメーション) , SEO , 広告 , SNS , ウェビナー , WEBマーケティング
リードジェネレーションの意味とは?8つの具体的手法を初心者にもわかりやすく解説

リードジェネレーションの意味とは?8つの具体的手法を初心者にもわかりやすく解説

MA(マーケティングオートメーション) , WEBマーケティング
MA導入には事前準備が重要!知っておくべき失敗原因や導入手順も解説

MA導入には事前準備が重要!知っておくべき失敗原因や導入手順も解説

よく見られている記事

CONTACT
お問い合わせ

デジタルマーケティングに関するご相談などは お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

telphone

受付時間:平日9:30~18:00