マーケティングツール

SEOとは?初心者にやさしい基礎知識

SEOとは?初心者にやさしい基礎知識

デジタルマーケティングに携わり、ウェブサイト運営をするにあたって、「もっと多くの人に自身のウェブサイトを見てほしい!」

そう考えた時にSEOというワードを耳にする方も多いはず。

とはいえ、SEOって一体何?はじめに何をやったらいいの?と疑問に思いますよね。そんなSEOについて初めて知る方に向けて、今回はSEOの基礎知識についてご紹介します。

SEOとは

SEOは「Search Engine Optimization」の略称で、「検索エンジンの最適化」のことです。

SEOタイトル

例えば、ユーザーがGoogleなどの検索エンジンでキーワードを入力し検索します。この自然検索の際に、「キーワードの関連性が高い、ユーザーに有益なページである」と判断されることで、検索結果の上位に表示されていきます。

このように上位表示されるための一連の施策のことを、とくにSEO対策と呼んでいます。

SEO対策とは、ほぼGoogle対策

検索エンジンのシェア率はGoogleがトップ

日本の検索エンジンのシェアは、90パーセント以上をYahoo!とGoogleの2つが占めています。

また、現在Yahoo!ではGoogleの検索エンジンを利用しているため、検索順位は基本的に同じになっています。(※Yahoo!では、Yahoo!ニュースの差し込み等で一部違う場合もあります)

このようにGoogleのSEO対策でYahoo!も攻略できるため、Google対策をすることがSEO対策と言えます。

Googleが大切にしている方針

Google画面Google対策を考えるときに役立つのが、公式に発表されているガイドラインです。ここには、Googleの大切にしている方針が書かれています。

一部を抜粋しますと

Google はいつでも、有益で関連性の高い情報をユーザーに提供することを目指しています。

Google が検索に変更を加えるのは、検索結果の利便性を高めるためです。

引用元▶︎Google 検索の仕組み | ユーザーを最優先する

とあり、ユーザーファーストの姿勢が伺えます。

Googleの方針を理解し、ユーザーがページを開いたときに、「この答えが欲しかった!」「他の人にも伝えたい!」といった情報提供ができるような、ユーザー目線を意識したコンテンツを作ることがSEO対策につながると言えるでしょう。

SEO対策が必要な理由

SEO対策をして検索結果の上位に表示されると、検索結果を見たユーザーにクリックされやすくなります。

そのため自身のウェブサイトへのアクセスが増加し、申し込みや問い合わせにつながりやすくなることで、売り上げアップが期待できます。また、SEOは自然検索流入を増やすため、広告費用をかけずに取り組むことが可能です。

加えて、SEO対策を行うことで新しいキーワード(ロングテールキーワード)でページが認識されたり、外部のウェブサイトに評価されてリンクが増えるなど、更なるクリック数の増加が見込めます。

注意点として、「ユーザーにとって役立つ良いページ」と判断される基準であるGoogle検索のアルゴリズムは、アップデートされて日々変わっていきます。

いずれにしても、SEO対策は継続して行う必要があります。すぐに効果が出るわけではないので、気長にコツコツ積み上げることが重要です。

実際に、何に注意してコンテンツをつくればいいのか、SEO目線でのコンテンツ作成のポイントについて見ていきましょう。

SEO対策コンテンツ作成のコツ

キーワード

1.ウェブサイトのテーマからキーワード選定をする

キーワード選定

まず、どんなテーマでウェブサイトのコンテンツをつくるのかを明確にし、コンテンツごとにテーマの軸となるキーワードを1つ選定します。

ちなみに、このブログでは「デジタルマーケティング」をテーマに、このページは「SEO」をキーワードにしています。

このように、作成するページ単位でキーワードを選定し、キーワードに特化した、ユーザーに分かりやすい内容を心がけましょう。

2.キーワードを軸にしたコンテンツ作成をする

選定したキーワードを自身でGoogle検索し、今どんなウェブページが検索上位に上がっているかを確認してみます。ユーザーがどんな情報を求めているか、解決策としてのウェブページの情報はどんな記事か、などの傾向を把握し、作成するコンテンツの内容に活かしていきます。

このとき、検索上位のページを参考にするのは大切ですが、コピーアンドペーストは厳禁です。「コピーサイト」として認識されてしまい、Googleの評価を落とします。

独自性のあるコンテンツ作成をすることを心がけましょう。

3.タイトルとコンテンツにキーワードの関連性を持たせる

ユーザーの検索の目的を踏まえつつ、キーワードを盛り込んでコンテンツの文章作成をします。

具体的には、タイトルやリード文、見出し、セクションの冒頭や文末に、選定したキーワードを含めることです。

とくにタイトルにキーワードを入れると、ユーザーが必要な情報だと判断しやすくなるでしょう。

メタディスクリプション(※)にも、キーワードを含めておくと、クリック前に記事の情報が伝わりやすくなります。

※下記写真の検索時にタイトルの下に表示される要約部分です。

検索画面

キーワードを含めることでより関連性の高いページになり、Googleなどの検索エンジンの評価向上につながります。

ページ数

1.ページ数の重要性

さらに、キーワードに関連するコンテンツのページ数を充実させていきましょう。

例として、WEB制作会社のホームページであれば、これまでの実績、お客様の声、WEBデザインのノウハウなど、キーワードに関連するようなテーマのページをどんどん増やしていきます。

反対に、ウェブサイトのテーマやキーワードとまったく関係がないページを増やしても、SEOの効果は期待できませんので、注意しましょう。

2.ページ作成数の目安

具体的に、どのくらいの数のページを用意したらいいかは、選ぶキーワード次第となります。

多くの人が検索をかける競争率の高いキーワードであれば、何百ページといった大量な数が必要な場合もあります。反対に、一部の人しか検索していないキーワードであれば、10ページほどでも効果が期待できます。

選定したキーワードで上位表示されるウェブサイトのページ数を数えてみましょう。その参考サイトのページ数を上回ることが、これから作成していくコンテンツのページ数の1つの目安と言えます。

自分のウェブサイトよりも先に、上位表示されているサイトを上回るコンテンツのページ数を用意するのが、SEO対策の上での一般的な考え方です。

ただし注意点として、あくまで質の高いコンテンツの数を増やすことが一番重要です。ページ数が多くても、内容の薄いページを増やしても意味がないので注意しましょう。

まとめ

SEOとは、ユーザーにとって役立つ情報提供をすることです。

自身のウェブサイトを充実させることで、ユーザーへの価値が高まります。そうすることで、検索エンジンにも評価される良いサイクルが生まれるでしょう。

ユーザーへ自身のウェブサイトやコンテンツの価値をしっかりと届けられるように、SEOについてもぜひ意識してみましょう。

関連する記事

活用法 , おすすめの記事 , WEB制作 , コンテンツマーケティング
LP(ランディングページ)の作り方

LP(ランディングページ)の作り方

活用法 , おすすめの記事 , SEO
SEOをはじめよう!~上位表示に必要なこと~

SEOをはじめよう!~上位表示に必要なこと~

活用法 , おすすめの記事 , デジタルトランスフォーメーション , 動画制作
動画化のメリットとおすすめ活用シーンのご紹介

動画化のメリットとおすすめ活用シーンのご紹介

おすすめの記事

活用法 , おすすめの記事 , WEB制作 , コンテンツマーケティング
LP(ランディングページ)の作り方

LP(ランディングページ)の作り方

活用法 , おすすめの記事 , SEO
SEOをはじめよう!~上位表示に必要なこと~

SEOをはじめよう!~上位表示に必要なこと~

活用法 , おすすめの記事 , デジタルトランスフォーメーション , 動画制作
動画化のメリットとおすすめ活用シーンのご紹介

動画化のメリットとおすすめ活用シーンのご紹介

よく見られている記事

CONTACT
お問い合わせ

デジタルマーケティングに関するご相談などは お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

telphone

受付時間:平日9:30~18:00