マーケティングツール

デジタルマーケティング人材の確保は難しい?その理由と解消方法とは

デジタルマーケティング人材の確保は難しい?その理由と解消方法とは

デジタルマーケティング人材の確保が難しいと感じていませんか?

デジタルマーケティング人材とは、デジタルツールの知識とマーケティングのノウハウの両面を兼ね備えた人材のことです。
近年ビジネスのデジタル化がすすむ一方で、デジタルマーケティング人材は慢性的な人材不足に陥っています。
ここではデジタルマーケティング人材確保の重要性や不足する背景を詳しく解説します。
また、デジタルマーケティングの人材不足を解消する解決策についても言及していますので、リソース不足にお悩みの方は参考になさってください。

デジタルマーケティング人材の確保の重要性

近年のDX推進や消費者ニーズの複雑化をうけ、多くの企業がマーケティングのデジタル化に積極的に取り組んでいます。
しかし、ITスキルの社内格差やデジタル人材不足により、なかなか思い通りにKPIを達成できていないのが実情ではないでしょうか。
ここでは、ビジネスで成果を最大化するためになぜデジタルマーケティング人材を確保しなければならないのか、その重要性を解説します。

マーケティングのDX推進に必要

ITツールとマーケティングのスキルを兼ね備えたデジタルマーケティング人材は、マーケティングのDX推進に欠かすことができません。
これまでのマスマーケティングであれば、人の手で顧客情報の把握や分析を行うこともできました。
しかし現在の労働者不足やビジネスモデルの変化により、これまでのマーケティング手法では成果を上げることが難しくなっています。

もしデジタルマーケティング人材を活用できれば、MAを駆使して消費者の細分化されたニーズを把握したり、マーケティング工程の自動化により労働生産性の向上やコスト削減を行うことが可能です。
また、高度なデジタルマーケティングを行うことができれば、顧客のニーズを先読みすることで新たなビジネスを創出することができ、ビジネスの競争力を増すことにつながります。

デジタルマーケティングの役割が拡大している

オンラインの需要が高まるとともにデジタルマーケティングの役割が拡大し、そのすべてを扱うデジタルマーケティングの担当者の重要性が増しています。

市場調査からブランディング、マーケティングツールの運用、SNSや広告の戦略立案などすべてがオンライン領域となり、デジタルマーケティング人材に求められるスキルは複雑化する一方です。
デジタルマーケティングの専門性が高まるにつれ、自社のKPIに沿ったノウハウを持つ人材をどのようにして確保するかが、各社の重要な課題となりつつあります。

デジタルマーケティングに必要なスキルについてはこちらの記事もご覧ください。
MA運用とは?仕事内容と求められるスキルを解説!

マーケティング施策で成果を出すために不可欠

マーケティング分野のDXは今後も加速することが予想されており、マーケティング施策で成果を出すためにはデジタルマーケティング人材の活用が欠かせません。

しかしデジタルマーケティング人材に求められる業務の幅は広く、それぞれに専門スキルが求められるため、自社のニーズにあった人材を確保することは簡単ではありません
このような人材不足を解消するためには、直近は知見のある外部企業をうまく活用し、将来的にはデジタルスキルを持つ専任担当を配置できるように社内育成を行うなどの長期的な視点が重要です。

なぜデジタルマーケティング人材が不足しているのか

デジタルマーケティングでKPIを達成するためには、専門スキルをもつ人材の確保が欠かせません。しかし現実的にはデジタルマーケティング人材の採用は難しく、常に人手不足の状況が続いています。
ここでは、なぜデジタルマーケティング人材が不足しているのか、その理由を解説します。

マーケティング市場のDXによる需要に追いついていない

マーケティング市場は以前よりデジタル化が進んでいました。
しかし近年の感染症拡大によるオンライン活動の増大により、デジタルマーケティングの需要が加速しています。

しかし市場が急激に変化している反面、企業のニーズを満たすことができるようなデジタルマーケティング人材の供給が足りていません。
デジタルマーケティング人材は育成することが難しいためそもそもの総数が少ないことや、採用に膨大なコストがかかることも人材不足の原因となっています。

デジタルマーケティング業界未経験者採用を検討する場合、こちらの記事をご覧ください。
デジタルマーケティング業界で未経験者が活躍するには?

デジタルマーケティング人材を育成するのが難しい

デジタルマーケティングの人材育成は難しいといわれています。
それは多くの企業がデジタルマーケティングについて正しく理解できておらず、教育担当者がデジタルマーケティングの業務をSEOやデジタル広告などのWEB運用などのオペレーションのみをイメージしているからです。

デジタルマーケティング人材の育成は、あくまでも分析に基づいて戦略を考え施策立案や実行ができるマーケターとしての教育であり、本質を誤っては人材育成で成果をだすことはできません。

求められるスキルが膨大

デジタルマーケティング人材は、求められるスキルが膨大になりがちです。マーケティング知識に加えてデジタル技術に精通している必要があるため、すぐにすべてのスキルを身につけることはできません。

また頻繁にあるデジタル技術の変化に対応しなければならないため、常に知識のアップデートが求められます。

このような変化が激しい分野であるという特徴も、デジタルマーケティング人材不足につながっています。

企業側が必要なスキルを明確にできない

デジタルマーケティング人材の採用や教育が難しい原因として、企業側で人材に求めるスキルを明確に提示できていないという理由があります。

マーケティング施策やデジタル環境の活用状況によって、デジタルマーケティング人材に求める経験やスキルは異なります。
幅広いスキルを求められることは変わりませんが、企業ごとに状況が異なるためどのようなスキルが必要かを明確にすることが難しいという課題があります。

デジタルマーケティングの人材不足を解消するためには

デジタルマーケティング人材はビジネスで成果をあげるために欠かせないため、どのようにしてこの人材不足を解消するかが今後の重要な課題となっています。
もちろん将来的には社内のリソースで、すべてのデジタルマーケティング業務を内製化することが望ましいといえます。

そのためには、社内のデジタルマーケティング業務の整理や体制の見直しを行い、必要なスキルに応じて社内教育カリキュラムを作成することが重要です。

しかし、社内の人材育成では差し迫った人材不足の解消にはなりません。
まずは即戦力となる支援企業の導入や人材派遣のような外部人材を活用することも視野に入れなければなりません。

内製化とアウトソーシングのバランスをとることでデジタルマーケティング人材の確保を行いましょう。

内製化とアウトソーシングについてはこちらの記事もご覧ください。
人材確保が課題!デジタルマーケティングの内製化とアウトソーシング

デジタルマーケティング人材の確保ならデジマ女子

オンライン化するマーケティング領域で成果を出すためには、企業のKPIに沿ったデジタルマーケティング人材の確保が欠かせません。

しかしデジタルマーケティング人材は需要が増大する一方で、その専門性の高さから深刻な人手不足におちいっています。
また、デジタルマーケティング人材はIT知識やマーケティングツールの運用だけでなく、施策の立案力や実行力などのマーケターとしてのノウハウが求められるため、社内での人材育成もスムーズに進まないケースが目立ちます。

デジタルマーケティングで施策の効果が感じられない方、IT人材のリソース不足を感じる方、社内教育カリキュラムでお困りの方は、当社の「デジマ女子」までご相談ください。
デジタルマーケティングの専門スキルをもつ人材派遣のサービスを通じ、企業のデジタル人材の確保をサポートしています。
人材派遣でデジタルマーケティング施策を軌道にのせるだけでなく、内製化に向けたMAや広告の運用支援、社内スキルアップに役立つオリジナルの「デジタルマーケティング 教育カリキュラム」もご用意しています。
デジタルマーケティングやDXでお困りの際は、ぜひご連絡ください。

関連する記事

おすすめの記事 , MA(マーケティングオートメーション) , デジマ女子のスキル , WEBマーケティング
MAツール13種を徹底比較!料金体系や特徴・おすすめのポイントをわかりやすく解説

MAツール13種を徹底比較!料金体系や特徴・おすすめのポイントをわかりやすく解説

おすすめの記事 , MA(マーケティングオートメーション) , メール , デジマ女子のスキル , WEBマーケティング
【事例あり】MAツールを活用したリードナーチャリングとは?手順やポイントを解説

【事例あり】MAツールを活用したリードナーチャリングとは?手順やポイントを解説

おすすめの記事 , MA(マーケティングオートメーション) , 広告 , WEBマーケティング
人材確保が課題!デジタルマーケティングの内製化とアウトソーシング

人材確保が課題!デジタルマーケティングの内製化とアウトソーシング

よく見られている記事

CONTACT
お問い合わせ

デジタルマーケティングに関するご相談などは お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

telphone

受付時間:平日9:30~18:00