MAツールの運用代行サービスとは?メリット・デメリットを解説!

MAツールの運用代行サービスとは?メリット・デメリットを解説!

MA(マーケティングオートメーション)運用を成果につなげるため、MAツール運用代行サービスを活用する企業が急増しています。

なぜなら、MA運用はツール選定から設計まで専門的なノウハウが必要なので、すべてを自社だけで内製化しようとするとリソース不足になりやすいからです。

そこで今回は、MAツール運用代行サービスの基礎知識からメリット・デメリット、失敗しない業者の選び方まで網羅して解説します。

マーケティングの人手不足や成果が出ずにお困りの方は、一度この記事を参考にマーケティング活動の外注を検討してみましょう。

MA(マーケティングオートメーション)についてはこちらの記事もご覧ください。

参考記事:マーケティングオートメーション(MA)とは?導入メリットや活用ポイント、MAツールの主な機能から導入手順まで解説

MAツールの運用代行サービスとは

MAツールの運用代行とは、MAツールを用いて企業のマーケティング活動の自動化をサポートするサービスのことです。
MAツールの選定から導入、設定・運用、管理などを専門的な視点から支援してくれます。

自動化可能なマーケティング業務の具体例は、以下の通りです。

  • メールマーケティング、メール配信

  • SNSマーケティング

  • Webサイト運用

  • リード管理(見込み顧客獲得から商談化まで)

  • ランディングページ(LP)の作成

  • 顧客の行動分析

  • スコアリング(見込み客の評価)

  • 基幹システムやアプリ、SFA(営業支援)、CRM(顧客管理)との連携

そのほかにもMAツール運用代行では、業務効率化のための定期的なメンテナンスや機能改善、効果測定なども請け負っています。

MAツール運用代行を活用する5つのメリット

まずは、MAツール運用代行を活用するメリットを5つみていきましょう。

1.専門知識

一般的にMAツールを導入する場合、スムーズに扱えるようになるまでは何度もトライアンドエラーを繰り返し、数年単位でノウハウを培っていかなければなりません。

しかし、MAツール運用代行では、マーケティングやMAツールの専門知識を持ったエキスパートに業務を委託できるため、最新のトレンドや最適な運用を短期間で実現できます。

2.時間節約

MAツールの実装には基幹ツールとの連携やシナリオ設計が欠かせません。しかし、運用初心者には思ったよりもハードルが高く、導入だけで多くの時間と労力を浪費しがちです。

MAツールの運用代行サービスに依頼すれば、導入時のややこしい設定や運用準備をすべて任せ、最適なアプローチ方法のアドバイスを受けることもできます。

そうすればスピーディーな運用開始はもちろん、社員がコア業務に集中できたり、成果が出るまでの期間を短縮することもできるでしょう。

3.効果的なマーケティング

専門的な知識や経験が豊富なプロにMAツール運用を代行してもらえば、自社だけでは知り得なかった最新情報やユーザーニーズ、市場動向などを入手できます。

それに加えて、目標設計(KGI/KPI)やペルソナ設定、カスタマージャーニーマップなどの戦略面のアドバイスも期待できるため、マーケティング施策の精度や効果を今以上に高めることができるでしょう。

4.データ分析の向上

MAツールは大量のデータ生成を叶えてくれます。しかし、蓄積するキャンペーンや顧客行動などの膨大な記録を適切に分析・可視化して活用するためには、専門的なマーケティング知識が欠かせません。

運用代行サービスを利用すればプロフェッショナルの知見に基づき、収集したデータの分析や活用、具体的なアクションプランまで提案・サポートしてくれるため、初心者も安心です。

5.定期的なレポート

MAツールの運用代行は依頼して終わりではなく、定期的にマーケティングレポートを報告してくれます。

最新データを素早く入手できるため、マーケティングの効果把握や戦略の見直し、新たなサービス開発、課題改善などにスピーディーに取り組むことができるでしょう。

MAツール運用代行を活用する5つのデメリット

次に、MAツールの運用代行サービスにおけるデメリットを5つご紹介します。

1.コスト

運用代行サービスは、マーケティングやITツールの専門的スキルを持つプロフェッショナル集団なので、依頼にはそれなりの費用が発生します。

どのようなサービス内容を選択するか、品質や依頼範囲によってはコストが高額になることもあるでしょう。

2.コミュニケーション

MAツール運用代行サービスは任せたらそれで終わりではなく、期待通りの結果を得るためには担当者との綿密なコミュニケーションが重要です。

また、正しくデータを活用・分析してもらうために、まずは自社ビジネスや製品について十分に理解してもらう必要があり、思っていたより手間がかかると感じるかもしれません。

3.自社の人材育成

MAツール運用代行は便利な一方、サービスに頼りすぎると自社のマーケティング人材が育たなくなる危険性があります。

もし将来MAツール運用の内製化を検討している場合は、自社のマーケターが知識を身に付けられるよう、運用代行サービスを教材とした学習環境や育成の仕組みを整えておかなければなりません。

4.カスタマイズ

MAツールの運用代行サービスは原則一般的な運用方法を採用している企業が多いため、専用カスタマイズには対応していないことが多いです。

もし自社ビジネスに特化した活用をしたい場合や特別なリクエストがある場合は、希望を聞いてくれる運用代行サービスをしっかりと探すようにしましょう。

5.データセキュリティ

MAツール運用代行サービス以外でも起こりうるのですが、外部企業へ自社業務を委託する場合は情報漏えいなどのセキュリティリスクがつきまといます。

特にマーケティングデータは個人情報や企業情報が含まれているため、プライバシーや機密データ管理などがしっかりした企業に依頼しなければなりません。

MAツール運用代行を選ぶ際のポイント6選

最後に、MAツール運用代行を探すポイントを6つご紹介します。

実績と評判

まずはMAツール運用代行サービスのホームページなどで、過去のクライアントとの取引実績や制作実績、成果などを確認しましょう。

また、実際の成功事例や導入事例、口コミなどで評判をみて、信頼できる企業かどうかを精査することも大切です。

専門知識と経験

MAツール運用代行サービスでは、MAに精通していることはもちろん、活用経験や実勢が豊富な会社を選択しましょう。

また、運用代行を請け負う企業にもBtoB・BtoCなどの得意分野があるため、自社の業界・業種に詳しい会社を選択すれば的確な助言が期待できます。

サービス内容

ひとくちにMAツール運用代行といっても、ツール設定だけを代行する場合もあれば、データ分析・レポート作成まで請け負う業者もあるなど、その提供範囲はさまざまです。

そのため、どこまで依頼したいのか、どの範囲を外注したいのかなどを明確にし、ニーズに合った業者を探すようにしましょう。

コミュニケーション

マーケティング業界の変化は激しいので、こちらの要望を適切に理解し、最適な提案やカスタマイズをしてくれるのかどうかを確認しましょう。

定期的なレポートやフィードバックはもちろん、質問への回答は迅速か、受け答えが信用できるかどうかも重要なポイントです。

コスト

複数社のMAツール運用代行サービスを比較し、コストパフォーマンスの高い会社を選択することが大切です。

安いか高いかという価格比較ではなく、自社ニーズを理解して協力してくれるか、信頼できるパートナーか、サポート体制や提供サービスの質は価格以上かなどを総合的に評価しましょう。

データセキュリティ

最後にかならず確認しなければならないのが、顧客データの取り扱いポリシーやセキュリティ対策です。しっかりと対策が出来ていない場合、どんなによい会社にみえても依頼してはいけません。

これらの6つのポイントを踏まえ、自社ビジネスに最適なMAツール運用サービスを選択しましょう。

MAツール運用代行サービスでマーケティング効果を高めるなら

MAツールの運用代行サービスをうまく活用するには、メリット・デメリットをよく理解し、自社に最適なサービスを選択することが大切です。

もし「リソース不足でマーケティングを外部委託したい」「MAツール運用代行をどこに任せればいいかわからない」とお困りの方は、当社までお問い合わせください。

当社のMAツールオペレーターサービスであれば、導入まで最短2週間とお待たせしません。

貴社のご要望やサポート範囲に応じて、正社員の常用派遣、業務委託などの多彩なプランをご用意しているほか、支払い方法も工数により月額定額や変動などから選択可能です。

MAツールを用いたマーケティング活動にお困りの際は当社へのご相談をお待ちしています。

よく見られている記事

CONTACT
お問い合わせ

デジタルマーケティングに関するご相談などは お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

telphone

受付時間:平日9:30~18:00