• 研修・教育

【マーケターに必要な5つのスキル】トレンドを把握して採用やキャリアに活かそう!

2024.02.14

【マーケターに必要な5つのスキル】トレンドを把握して採用やキャリアに活かそう!

目次

2024年はマーケターにとって、求められるスキルや視点が激変する年になるといわれています。

1年前の2023年は「AI元年」と呼ばれ、Chat GPTの登場などテクノロジーに革命が起こったことは記憶にも新しいでしょう。そこで本記事では、これからのデジタルマーケティングをリードするマーケターにとって、必要な5つの能力について解説します。

新時代のマーケターとしてスキルアップを目指す方、人材採用や育成の参考にしたい人事や経営陣の方は、自社ビジネス拡大のためにぜひ最後までご覧ください。

データ分析能力

どれほどマーケティングツールが発達しても、最終的なデータ解釈やビジネス戦略立案はマーケターが行います。そのため、まず2024年のマーケターに求められるのが、収集した膨大なデータを分析・活用するスキルです。

データアナリストとしてのスキル育成

データアナリストとは、蓄積したビッグデータから有益な情報を抽出し、論理的に分析したうえでビジネスの改善点や施策・戦略を提案する専門家のことです。

データドリブン経営が重視される傾向をみても、これからのマーケターには「データアナリスト」としての幅広い視野とスキルが求められると言えるでしょう。 

必要な知識の範囲は、統計学やデータの可視化能力、コンテンツマーケティング、機械学習、コミュニケーション能力、自社ビジネスへの理解など多岐にわたるため、継続して学習する姿勢が欠かせません。

分析データをマーケティング戦略へ応用するスキル

簡単に大量のデータを収集できる時代だからこそ、企業を成長させるため「分析後のデータをどうビジネス戦略に落とし込むか」が試されます。

そのためマーケティングチームでは、入念なリサーチや効果測定に基づいてデータを分析し、検証と改善のPDCAサイクルをマネジメントする能力が必須になるでしょう。

分析結果の意味づけや市場の需要・トレンドの把握を通じて、自社の製品開発や広告運用など、Webマーケティング全般に活かすことが重要です。

カスタマーエクスペリエンスの理解

カスタマーエクスペリエンスの理解

次に、2024年のマーケターに求められるのが、顧客のニーズや行動・心理を深く理解するスキルです。

インターネットやスマホの普及により、顧客が体感する価値やメリット(カスタマーエクスペリエンス)は複雑化しているため、顧客理解を深めるポイントをおさえておきましょう。

顧客視点からアプローチ戦略を組み立てる

まずは顧客からみた自社サービスを客観的に分析するために、自社の「ペルソナ」や「カスタマージャーニー」を利用しましょう。

Webサイトや実店舗、カスタマーサポートなどの顧客接点を見返し、どのようなユーザーが何を求めているのか、顧客が期待する価値や満足度の推移を把握することが大切です。

他社と差別化を図り顧客ロイヤルティを高めることで、満足度向上やリピーター増加、SNSでの認知拡大など、ビジネス成果につながります。

顧客との長期的な関係構築ができるマーケティング戦略を立てるようにしましょう。 

新しいテクノロジーの学習

2024年はAIやITツールが今まで以上に進化すると予想され、マーケティング業務もおおきな変革期をむかえる可能性があります。

特にデジタルツールを駆使するマーケターにとって、新しいテクノロジーを仕事に活かす姿勢は欠かせません。

ここでは、新しいテクノロジーについて押さえておきたいポイントを2点ご紹介します。

デジタルツールを活用する

近年では、AI(人工知能)やビッグデータ、ディープラーニングなどを応用したデジタルツールが登場しています。

MA(マーケティングオートメーション)やアナリティクスツールでも、単なるマーケティング活動の支援だけでなく、AIによる未来予測やアドバイス機能が実装されつつあります。

また、顧客が今後活用していくであろうアプリやVR・メタバースなど、新しいプラットフォームの動向も注視しておく必要があるでしょう。

日々進化するテクノロジーをしっかりと活用し、業務効率化や顧客満足度向上、新規ビジネスモデルの創造につなげていくことが大切です。 

ITチームや営業チームとの連携をすすめる

新しいテクノロジーの登場により、影響を受けるのはマーケティング部門だけではありません。

満足度の高いサービス提供のため、直接顧客と商談を行う営業部門はもちろん、デジタルツールを扱うIT部門、カスタマーサポート部門とも連携を深めることが重要です。

また、2024年の市場環境は今以上に複雑化すると考えられるため、マーケティング部門のデジタル化だけでなく、企業全体でのデジタル人材育成やDX推進が求められることも覚えておきましょう。 

柔軟なクリエイティブ思考

柔軟なクリエイティブ思考

インターネットやスマホの普及により情報が溢れている現代では、顧客に認知されるため競合他社と異なるユニークで魅力的なマーケティング戦略が必要です。

そのためマーケターは、データに基づいた客観的視点も重要ですが、同時に柔軟な発想力やクリエイティブな思考力も求められます。

既存の枠組みにとらわれない

マーケターは業務が幅広く多忙なため、油断すると似たようなマーケティング施策を繰り返したり、既存の媒体やフレームワークに頼り切ってしまうことがあります。

そのため、新しいアイデアを得るためにも異業種のプロモーションや未経験の分野を参考にしてみるなど、新しい発想に触れる機会を意識して作ることが大切です。

自社商品やオウンドメディアを今までと違う視点で捉えたり、既存のコンテンツ内容や広告チャネルを見直すなど、常に顧客にとってなにが魅力的かを考えるとよいでしょう。    

サステナビリティへの配慮

SDGsやカーボンニュートラルなどの意識が高まるなか、2024年のマーケターは今以上に企業の社会的責任を意識したプロジェクト遂行が求められるでしょう。

具体的には、経済成長・社会的公正性・環境保護の3つのバランスを意識し、未来の世代に不利益を与えないことが重要です。

ここでは、サステナブルなマーケティングについてみていきましょう。

長期的な視点で持続可能なビジネス展開を目指す

マーケターには、常に将来を見据えたマーケティング戦略が求められます。

例えば、エコフレンドリーな製品開発や、ペーパーレス広告の推進、社内の公平性確保などが企業が行うべき取り組みです。

単に売上を追い求めるのではなく「社会貢献や課題解決につながるか」「将来でも顧客に愛されるブランドになるかどうか」まで意識した施策を展開していきましょう。

顧客へ自社の取り組みを発信する

マーケターにとって、自社のサステナブルな取り組みを顧客へアピールすることも重要な役割のひとつです。

企業がいくら環境へ配慮し、社会的責任を果たしていても、意識して発信しなければ顧客にはなかなか伝わりません。

SNSや自社サイトなどで適切にPRすれば、消費者の信頼獲得や市場ポジショニングの差別化、ブランド価値向上にも役立ちます。

2024年にマーケターとして成長するために

2024年にマーケターとして成長するために

2024年のマーケターは、デジタル技術や市場トレンドの変化にあわせ、多角的に学び続けていく姿勢が求められます。

今回ご紹介した5つの視点をもとにスキルを身につけ、マーケターとしての成長を目指していきましょう。

もし、マーケターの成長に行き詰まりを感じている、マーケティングや広告効果がでずに困っている、自社の方向性に不安がある、などお悩みのある方は弊社の「デジマ女子」までお問い合わせください。

デジマ女子はデジタルマーケティングの専門家チームで、多くの企業でのマーケティング支援・研修サポートの実績があります。

まずはデジマ女子とともに貴社の課題を明確にし、2024年のビジネスをリードする戦略を一緒に立てていきましょう。

▼関連する過去記事一覧
PAGE TOP