マーケティングツール

知識ゼロでも絶対押さえておくべきWEBアクセス解析用語とWebマーケティング用語

知識ゼロでも絶対押さえておくべきWEBアクセス解析用語とWebマーケティング用語

WEBマーケティングに関わる人が、まず覚えなければならない「WEBアクセス解析用語」。
英語単語がならび、いざ覚えようと思うと眠気に襲われる方も多いのではないでしょうか。
しかしながら、用語を知らない場合、メンバーとのミーティングや作業のひとつひとつをストップせざるをえなくなるでしょう。
今回はそんなWEBアクセス解析用語やWEBマーケティング用語を、学びはじめの方でも理解できるように、わかりやすくご紹介します。
これからWEBの世界に足を踏み入れようとしている方は必見です!

覚えておきたいアクセス解析用語

PV(ページビュー)

WEBサイトがブラウザ上で表示された回数のことで、そのWEBサイトがどれくらい閲覧されているかを計測する指標となります。
例えば、あるWEBサイトのTOPページと下層ページA、そして下層ページBをそれぞれ1回ずつ閲覧した場合、そのサイトのPV数は3PVとカウントされます。

Webサイトがブラウザ上で表示された回数

UU(ユニークユーザー)

決まった集計期間内にWEBサイトを訪問した人数を表す指標のことをさします。
その期間内であれば、同じWEBサイトに同じユーザーが何度も訪れても1UUとカウントされます。
ただし、異なるPCやデバイス、ブラウザなどで同じユーザーが同じWEBサイトを閲覧した場合、そのデバイスごとのCookieが異なります。
そのため、それぞれ1UUとしてカウントされます。UUは必ずしも正確な人数とは限らないので注意しましょう。

異なるPCやデバイス

セッション

WEBサイトを訪問したユーザーが、そのサイトを離脱するまでの一連の流れを示す指標。WEBサイトへの訪問数のことです。

例えば、Google AnalyticsであるWEBページを閲覧します。そのまま30分間以上WEBページを開いたまま放置すると、セッションは途切れてしまいます。
その後、同じWEBページを閲覧すると新たに1セッションとしてカウントされます。

他にも、日付が変わった場合(24:00を越えた)場合や、前回のアクセスと違う新しい検索キーワード、AdWords、広告や参照元を経由して同じWEBサイトにアクセスした場合もセッションが切り替わります。
img_20210825_iconGoogle アナリティクスのセッションの定義変更について

直帰率

直帰率

WEBサイトに訪問したユーザーがページ着地後に、他のページに閲覧せずに離脱してしまったセッションの割合のことです。

直帰率は、
直帰率(%)=直帰数÷セッション数×100で算出されます。
以下の図の場合、3名がTOPページを閲覧しています。つまり、3セッション発生していることになります。そのうち2名が下層ページAも閲覧し、1名が他のページを閲覧することなくTOPページで離脱するとします。
この場合の直帰率は、
1(直帰数)÷3(セッション数)×100=33%(直帰率)
となります。
セッション数で計算するのがポイントです。

離脱率

離脱率

WEBサイトに訪問したユーザーが他のページも閲覧後、そのセッションの最後に閲覧したページとなった割合のことです。
ユーザーが離脱前の最後に見たページをカウントします。

離脱率は、
離脱率(%)=離脱数÷ページビュー数×100で算出されます。

下記の図の場合の離脱率は、
TOPページの離脱率:0(離脱数)÷5(ページビュー数)×100=0%(離脱率)
下層ページAの離脱率:2(離脱数)÷5(ページビュー数)×100=40%(離脱率)
下層ページBの離脱率:1(離脱数)÷5(ページビュー数)×100=20%(離脱率)
となります。
直帰率はセッション数をもとに算出しますが、離脱率はページビュー数をもとに算出されるのがポイントです。

滞在時間

滞在時間

WEBサイトやそのページをどのくらいの時間見ていたのかを表す指標のことです。

滞在時間は、
次のページを閲覧し始めた時間-今見ていたページの表示していた時間
で、算出されます。
Google Analyticsの場合、離脱したページは閲覧開始時間がわからず、滞在時間は計測することができません。また、直帰したページに関しては滞在時間が0秒としてカウントされます。

ビギナー向けにGoogle Analyticsの詳細について、以下のページで解説しています。
ぜひご確認ください。
参考記事:Google Analyticsの確認ポイントから初期設定まで解説【初心者向け】

一般的に、

  • 滞在時間が長い=内容がじっくり閲覧されており、ユーザーの興味関心度が高いページ(反応の良いページ)
  • 滞在時間が短い=内容があまり閲覧されておらず、ユーザーの興味関心度が低いページ(改修が必要なページ)
と判断されがちですが、そうとは限らないので注意しましょう。

前述したように、離脱ページは0秒としてカウントされてしまいます。
例えば、1ページにユーザーの満足度が高いコンテンツが記載されているランディングページの場合、滞在時間は短くなる傾向にあります。
逆に、記事を読むことが目的のメディアサイトなどは、滞在時間が長くなる傾向にあります。
ここで大切なことは、断片的に数値を見て判断するのではなく、他のデータと掛け合わせて相対的にデータ分析をおこなうことです。

セッション時間

セッション時間

WEBサイトを訪問したユーザーが、そのサイトを離脱するまでにかかった時間を表す指標。
つまり、1つのセッションが切れるまでの時間です。

セッション時間は
最後に閲覧したページの時間-最初に閲覧を開始した時間
で、算出されます。
Google Analyticsの場合、セッション時間も滞在時間と同様に、離脱したページは閲覧開始時間がわからず、滞在時間は計測することができません。また、直帰したページに関しては滞在時間が0秒としてカウントされます。

リファラ(参照元)

ユーザーがそのWEBサイトにたどり着く前に、どこからそのページに来たのかを表すもの。
つまり、流入する直前に見ていたリンク元のページのことです。

覚えておきたいWebマーケティング用語

覚えておきたいWEBマーケティング用語

CV(コンバージョン)

WEBサイトにおける目標や最終的な成果のこと。

コンバージョン設定の定義は様々で、例えば、
・サイトの問い合わせフォームからの問い合わせ
・ECサイトにおける商品の購入
・情報提供サイトにおける会員登録
・採用サイトにおける採用応募
など、ユーザーにして欲しい行動をコンバージョンとして設定します。

マーケティングにおいて、コンバージョンをいかに効率的に獲得し、最大化するのかが課題と言えるでしょう。
ただし、コンバージョン数が少ないとデータが不足してしまいアクセス解析が難しくなる場合があるので、WEBサイト運用においてあまりにもコンバージョンが少ない場合は、まずは達成しやすいゴールをコンバージョンポイントとして設定してみましょう。

コンバージョン率

CVR(コンバージョン率)

アクセス数に対して、どのくらいの人がコンバージョンしたかの割合。
CVR(%)=コンバージョンした人の数÷WEBサイト訪問数(セッション数)×100
で、算出されます。

セグメント

直訳は一部分、断片、分割など、という意味の言葉です。
WEB解析などで使用する際は、特定の条件を設定し情報を絞り込むことをセグメンテーション(または「セグメントする」)といいます。
例えば「コンバージョンしたことのあるユーザー」や「キーワード検索からの流入」、「スマートフォンユーザー」など、さまざまな切り口でのアクセス解析が可能です。

LP(ランディングページ)

ランディングページ(以下、LP)には2つの意味があります。

①ユーザーが広告やキーワード検索をして最初にアクセスしたページのこと。
この場合は文字どおり、ユーザーが訪れた(着地した)ページを指します。アクセス解析をするための用語として使われています。

②キャンペーンなど広告施策のために作られる1ページで完結する縦長のWEBページ
一般的にWEB業界のLPはこちらの意味を指します。
情報量が多い、縦長なページのことをさします。ほかのページへのリンクが少ないため、コンバージョンへ誘導しやすいのが特徴です。
そのLPへアクセスするまでの、検索エンジンなどで「どんなキーワードで検索したか」や、SNSや広告など「どんな参照元からアクセスしたのか」などの流入経路は、アクセス解析を行ううえで非常に重要なポイントです。

もっとLPについて知りたい方向けに、LPの詳細について以下の記事にまとめてあります。
是非ご覧ください。
参考記事:LP(ランディングページ)の作り方

LPO(ランディングページオプティマイゼーション)

LPの「最適化」のこと。つまり、商品の購入や見積もりの請求などのCVRを高めるために、ランディングページの内容を最適化することです。

キーゴールインジケーター

KGI(キーゴールインジケーター)

WEBサイトに設定されている最終目標が達成されているかを測るための指標のことです。
重要目標達成指標とも呼ばれます。

CSF(クリティカルサクセスファクター)

最終目標のKGIを達成するために最も重要となる要因であり、かつ最も力を入れて取り組むべき活動や課題を指します。
主要成功要因とも呼ばれます。

KPI(キーパフォーマンスインジケーター)

最終目標であるKGIを達成するまでに必要な、目標達成プロセスの進捗度を測る中間的な指標のことです。重要業績評価指標とも呼ばれます。
CSFに従って目標の達成に必要なプロセスを洗い出し、業務レベルで具体的な目標設定をします。

目標達成管理は通常KGI、CSF、KPIを用いておこないます。
例えば、KGIが「売上20%アップ」とすれば、CSFが「ECサイトのアクセス数向上」、KPIが「ECサイトのセッション数」などになります。
アクセス解析はKPI分析を繰り返し、目標達成に向かって進捗の確認や業務の改善を行っていくことが重要です。

newsSingle__h2

WEBサイトの設計から運用、改善していくために

ここまで最低限抑えておくべきWEBアクセス解析用語を、図を入れながら解説してきました。
「これってどういう意味だったっけ?」と混乱を防ぐためにも、ひとつづつしっかりと覚えていくことが大切です。
また、ご紹介したWebアクセス解析のなかで登場したGoogle Analiticsは、解析を自動でやってくれる非常に頼もしいツールです。

しかしながら、解析をスタートする前の設定は多岐にわたります。ツールの運用はもちろんですが、そのツールの数値を読み解くスキルも必要になるでしょう。
デジマ女子(R)はさまざまなツールを使いこなす精鋭メンバーがそろっています。
「自社サイトがほったらかしになっている」「数値を読み解いての改善ができない」など、WEBサイト運用に課題をおもちの場合は、是非デジマ女子にWEBサイトの運用をおまかせください。

よく見られている記事

運用 , Google Analytics , 広告
入札単価設定とは?入札単価設定のコツをお伝えします

入札単価設定とは?入札単価設定のコツをお伝えします

Google Analytics , 活用 , MA(マーケティングオートメーション) , 広告 , メール , コンテンツ
デジタルマーケティング用語40選!これだけは知っておきたい!

デジタルマーケティング用語40選!これだけは知っておきたい!

Google Analytics , 広告 , WEBデザイン
LP(ランディングページ)の作り方

LP(ランディングページ)の作り方

CONTACT
お問い合わせ

デジタルマーケティングに関するご相談などは お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

telphone

受付時間:平日9:30~18:00