市場調査の手法を徹底解説!定量・定性調査やデスクリサーチの使い分けとは?

市場調査の手法を徹底解説!定量・定性調査やデスクリサーチの使い分けとは?

市場調査とは、企業がマーケティングや戦略決定のために行うリサーチ活動のことです。
複雑化する市場で成果を上げ続けるためには、最新のニーズやトレンドを把握し、スピーディーに仮説検証・意思決定を行わなければなりません。

しかしひとくちに「市場調査」と言っても、アンケートやデスクリサーチなどさまざまな調査方法があり、どれが最適な手法か迷われる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、市場調査の基礎知識から、それぞれの手法や実施手順を網羅的に解説します。
また、最後に「デスクリサーチに便利なコマンドやHP」もご紹介していますので、これから市場調査の実施を検討している方や、忙しく調査を実施する余裕がない方はぜひ参考になさってください。

市場調査とは

市場調査とは、企業のマーケティング活動に必要な情報を消費者から収集し、分析する調査のことです。

自社のサービスや商品が本当に消費者のニーズに合致しているのか、不満はないのかなど「リアルな声」をリサーチします。

市場調査の手法には、自社でアンケートやインタビューを行う「定量調査・定性調査」や、インターネット検索でデータ収集を行う「デスクリサーチ」があります。

市場調査で把握できるデータ

市場調査では、実施する目的に応じてさまざまなデータを収集します。

例えば、消費者ニーズや市場動向のような大枠をとらえる調査のほか、自社サービスの認知度やブランドイメージ・満足度などのユーザー心理の把握が可能です。

また、ターゲット層に人気のメディアや利用頻度の高いサービスなど競合他社をリサーチすることで、自社サービスの改善に活かすこともできます。

市場調査が必要な理由

市場調査ではターゲットのニーズを把握することで、自社の販売促進やプロモーション、商品開発の精度を高めることを目的としています。

そのため顧客に喜ばれるサービスを開発したり、付加価値をつけ競合との差別化を図るなどの施策を実現するためには、市場調査による適切なデータ収集が欠かせません。

また、売上などが当初の予想を下回った場合にも、原因や改善点の把握に市場調査は必要です。

市場調査の方法

市場調査は、定量調査と定性調査にわけられます。

定量調査

定量調査とは、金額や割合、人数などの数値で評価できるデータを収集・分析する調査です。
広範囲のユーザーを対象とすることで、ニーズ傾向や市場実態の把握に適しています。

アンケート調査

対象ユーザーに郵送やFAX・インターネットなどで質問を配布して、回答を収集・分析します。
市場調査の中で最も一般的な手法で、コストを抑えながら大規模な調査が可能です。

商品の認知度や認知経路、価格やブランドイメージ、ターゲット層の嗜好や興味、自社商品への満足度などの調査に向いています。

ネットリサーチ

WEB上の質問フォームなどで回答してもらう調査方法です。
すべての調査をインターネット上で実施できるため、アンケートより低コスト・短期間で大量のサンプル数を集めることができます。

ただし気軽に実施できる反面、事実ではない回答が送られてくる可能性も高いため、情報を精査できる仕組みを整えておくようにしましょう。

定性調査

定性調査とは、顧客の感情やニーズ・背景などの数値化が難しいデータを収集する手法です。
特定のテーマについて掘り下げたい場合や、価値観など潜在的なニーズを探りたい場合に役立ちます。

インタビュー(対面調査)

調査員と回答者がコミュニケーションをとりながら進める調査です。
調査に時間がかかるものの、回答に応じて質問を変えることができるため、アンケートよりもリアルな意見や、思ってもいなかったアイデアを得ることができます。

インタビューには、1対1で行う「デプスインタビュー」と複数人で行う「グループインタビュー」があり、商品開発や満足度などの調査に有効です。

覆面調査(ミステリーショッパー)

調査員に一般の顧客を装い店舗などを訪問調査してもらう方法です。
調査員の感覚頼りで評価が安定しないものの、ありのままの状態を調査することができるというメリットがあります。

飲食店や店舗スタッフなどのサービスの現状を知りたい際に有効です。

ホームユーステスト

顧客に普段の生活の中でサービスや商品を実際に使用してもらい、感想などを回答してもらいます。

やや調査期間は必要ですが、実際に使用してから回答を得ることができるため、具体的な改善点や満足度などを調べるのに効果的です。

市場調査の手順

市場調査はただ実施すればよいだけでなく、正しい手順を踏んで行わなければ効果が半減してしまいます。

1.市場調査の目的を明確化

目標の明確化は、市場調査における最も重要な工程です。
どのような課題解決を目的としてデータ収集をしているのか、自社の現状を整理して言語化しておきましょう。

2.調査計画

調査目的を元に、仮説を立てて収集するデータや調査対象・手法・スケジュールを設定します。
それぞれの計画はできるだけ具体的に決定し、抜けや漏れがないように注意しましょう。

また、この段階で市場調査を自社で行うのか、調査会社に依頼するのかも決めておきます。

3.調査実施

決定した調査計画に沿って調査を実施します。
どの手法を用いたとしても定期的に状況を確認し、問題が発生していないか確認しなければなりません。

4.データの分析

市場調査はデータ収集後に、どのように分析するかが非常に重要です。
データ解析にはクロス集計や中央値算出、トレンド分析などさまざまな手法があるため、調査目的に応じてレポート化しましょう。

顧客データの分析についてはこちらの記事もご覧ください。
MAツールでの顧客データ分析とは?データ活用や分析方法を紹介

5.意思決定

分析後のレポートをもとに、仮説の検証やマーケティング戦略の立案、商品改良などの意思決定を行います。
もし調査結果が意思決定を行うのに不十分であれば、改善点を明確にした上で追加で調査を実施することも大切です。

インターネット検索のみを活用した「デスクリサーチ」

市場調査はどれも手間や費用がかかるため気軽に実施できるものではありません。
もし手法に悩んだ場合、まずは「デスクリサーチ」を行ってみてはいかがでしょうか。

デスクリサーチとは、インターネット上のWEBサイトや資料を参考にデータ収集を行う方法です。
情報の真偽、著作権などに注意しなければなりませんが、スピード感をもって調査できるため、まずは市場規模や競合の動向などをざっくり知りたい場合に活用してみましょう。

インターネット検索を利用したリサーチ

デスクリサーチの最も簡単な方法は、GoogleやYahoo!などのサーチエンジンでの検索です。
以下のような検索コマンドを活用すると効率よく情報収集ができます。

検索コマンドの入力例
intitle: タイトルの部分一致検索
allintitle: タイトルの一致検索
site: 特定ドメイン内を検索
allintext: 本文の部分一致検索
inurl: URLの部分一致検索

ただし検索結果の情報は信頼できるデータばかりではないため、一次情報を必ず確認するようにしましょう。

まとめサイトを利用したリサーチ

デスクリサーチでWebサイトを調査する場合、競合他社サイトで商品やサービス情報を調べるだけでなく、以下のような「まとめサイト」を活用するとより効率的に調査が可能です。

visualizing.info 市場規模マップや統計データのまとめサイト
統計ダッシュボード 民間企業や国が公表する統計データをグラフ視覚化したサイト
調査のチカラ 幅広いジャンルのアンケート結果を掲載し、ニーズ調査に最適なサイト
生活定点1992-2020 博報堂生活総研による生活者観測データベースのサイト

その他にも、銀行や日本総研、シンクタンクなども調査結果を公表しているため活用しましょう。

参照 | visualizing.info https://visualizing.info/
参照 | 統計ダッシュボード https://dashboard.e-stat.go.jp/
参照 | 調査のチカラ https://chosa.itmedia.co.jp/
参照 |生活定点1992-2020 https://seikatsusoken.jp/teiten/

市場調査の活用方法に迷っている方へ

マーケティング活動を行う上で、顧客ニーズの把握や競合他社の情報収集は欠かせません。
効果的なマーケティング施策を立案するためにも、市場調査やデスクリサーチなどを状況と目的に応じて使い分けてゆくことが大切です。

しかし実際の調査には手間も時間もかかるため、なかなか実行に移すことが難しいのが現実です。
さらに市場調査を実施した後のデータ分析や施策の改善が重要であり、多くの人材が必要になってきます。もしマーケティング施策の人材不足でお困りの場合は、いちど「デジマ女子」までご相談ください。

市場調査を効果的に活用して、マーケティング活動を確実に売上へとつなげてゆきましょう。

関連する記事

MA(マーケティングオートメーション) , メルマガ , メールマーケティング
おさえておきたい!読まれるメルマガにある3つの共通点とは?

おさえておきたい!読まれるメルマガにある3つの共通点とは?

MA(マーケティングオートメーション) , デジマ女子のスキル , WEBマーケティング
MAツールの運用代行サービスとは?メリット・デメリットを解説!

MAツールの運用代行サービスとは?メリット・デメリットを解説!

MA(マーケティングオートメーション) , SEO , 広告 , SNS , ウェビナー , WEBマーケティング
リードジェネレーションの意味とは?8つの具体的手法を初心者にもわかりやすく解説

リードジェネレーションの意味とは?8つの具体的手法を初心者にもわかりやすく解説

よく見られている記事

CONTACT
お問い合わせ

デジタルマーケティングに関するご相談などは お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

telphone

受付時間:平日9:30~18:00