【MAの市場を解説】拡大する市場規模や将来の動向を分析!

【MAの市場を解説】拡大する市場規模や将来の動向を分析!

MAの市場は、近年のDX推進による需要増加にともない急成長していることをご存知でしょうか。

MAツールは以前まで限られた上場企業のみが運用しているイメージでした。
しかし今では国内のMA導入率は増加の一途をたどっており、デジタルマーケティングの必須ツールとしての地位が確立されつつあります。

ここでは、MAの基礎知識やツール紹介だけでなく、現在のMA市場の規模や今後の動向について解説しています。
MAについて知りたい方や、導入を検討されている方、運用の見直しをしたい方はぜひ参考にしてください。

マーケティングオートメーション(MA)とは?

MA(Marketing Automation)とは、見込み客の獲得から実際の営業までのマーケティング活動を自動で管理するシステムのことです。
大量の見込み顧客(リード)のデータ収集や管理、スコアリングの自動化、メール送信のようなナーチャリングを自動実行してくれます。

このようなMAツールはマーケティングや営業活動を効率化するだけでなく、効果的に活用できれば自社の生産性と商談の成約率(CVR)を同時に向上させることができるため、特にデジタルマーケティングの分野への導入に期待が高まっています。

MAツールに関しては、こちらの記事もご覧ください。
MA(マーケティングオートメーション)で業務効率UP!機能やメリットを紹介

国内のMA市場規模

日本国内のMA市場規模は、同じく顧客のデータ活用を行うツールであるDMP市場とともに今後もますます成長してゆくとみられています。

株式会社矢野経済研究所による市場調査では、2021年にはDMP/MA市場規模は売上ベースで600億円の見込みですが、2026年には865億5,000万円まで拡大すると予測されています。

参照|株式会社矢野経済研究所 『DMP/MA市場に関する調査を実施(2021年)

MA市場が拡大する背景

MA市場拡大の背景として、企業のDX推進があります。
それに加えて、2020年の感染症拡大による消費活動のオンライン化の定着もMA市場拡大の後押しとなりました。
外出規制による営業活動の制限、イベントや展示会の中止などにより、非対面のデジタルコミュニケーションに取り組む企業が急増し、この傾向は今後も続くとみられています。

企業におけるMAの導入傾向

株式会社Nexalが行った2021年1月のMA導入状況調査によると、国内58万社におけるMA導入率は1.2%(6,866サイト)で、上場企業のみでは11.3%(3,824社中431サイト)です。
また、上場企業のMA導入率は1年前の2020年1月の8.9%と比較して2.4%アップしています。

この調査からMAは中小企業ではまだ導入率が低いものの、上場企業の1割以上にはすでにマーケティングツールとして浸透しており、MAを導入する企業は今後も増加すると予測できます。

参照|株式会社Nexal 『2021年1月国内58万社のMAツール実装調査を実施

MAツール国内シェア

MAツールにはそれぞれ特徴があるため、自社の導入目的に沿った機能を持つツールを選ぶことが重要です。

ここでは日本で特に高いシェアを占めるMAツールをご紹介します。

Account Engagement(旧 Pardot)

国内トップシェアを誇るBtoB企業向けのMAツールです。
Salesforce社のSFAやCRMツールと連携することでそれぞれのデータを活かすことができます。
やや導入コストがかかるものの多機能であり、規模が大きくコンテンツが充実している企業におすすめです。

Account Engagement(旧 Pardot)に関しては、こちらの記事もご覧ください。
MAツール「Account Engagement(旧 Pardot)」とは?特徴や使い方をご紹介します!

BowNow

日本でシェア第2位の国内メーカー産MAで、シンプルに設計されており使いやすさを重視して作られています。
最初は完全無料でスタートすることができるため、MAの入門ツールとしておすすめです。

Marketo

長期的なマーケティングに強いAIを搭載したMAで、日本シェア3位、全世界で5000社以上の導入実績があります。
難しいITスキルがなくとも最適なマーケティングができ、オンラインコミュニティや分科会が充実しているためじっくりとMA運用に取り組むことができます。

HubSpot

海外ではトップクラスのシェア、国内では第5位のMAです。
インバウンドという概念に基づき、MAだけでなくサイト構築(CMS)、SFA、CRMなどの機能がひとつになった総合ツールなので、他のツールとの連携不要でマーケティングをスムーズに進めることができます。

MAが必要とされる背景

MA(マーケティングオートメーション)の需要が高まる背景には、顧客の購買行動や社会状況の変化があります。

顧客の購買行動の多様化と長期化

インターネットの普及により、顧客は営業担当者がいなくとも情報収集や比較検討、サービスの購入までを自己完結できるようになりました。
そのためユーザーはさまざまな情報を検索するようになり、購買プロセスは多様になり長期化する傾向にあります。
この膨大な顧客の購買行動データを人の手ですべて処理するのは難しいため、顧客とのスムーズなコミュニケーションのためにMAを導入する企業が増加しました。

労働人口の減少と業務効率化

日本の少子高齢化により労働者の人口は減少を続けているため、これまでの働き方では企業活動を維持することが難しくなってきます。
そのため各企業では生産性の向上や業務効率化が急務であり、業務のオートメーション化のひとつとして多くの企業でMAが導入されています。

MA市場の将来的な動向

今ではデジタルマーケティング業界の変化は激しさを増しています。
例えば2022年現在、Googleが発表した3rd Party Cookie(サードパーティクッキー)の廃止により、「ポストCookie時代」に適応したMAの開発や新たな活用方法の模索が行われています。

ここでは将来MAがどのように進化してゆくのか、その動向を解説します。

AI機能を搭載したMAが増加する

近年さまざまな分野で導入されているAIですが、MAにもAI機能を搭載したツールが増加するでしょう。
すでにデジタルマーケティングで蓄積するデータ量は人間の処理能力を超えており、MAを導入したもののリソース不足に悩む企業が後を絶ちません。
そのためAIが自律的に学習し、より早く多くのデータを分析し、施策提案や改善までを自動化することが期待されています。

中小企業のMA導入がすすむ

さまざまな企業がMAを開発したことにより、シンプルなものや無料で使用できるツールも増えてきました。
これまでコストや人材不足でMA導入を見送っていた中小企業も、今後は気軽にMAを運用し、業務効率化に着手することができるようになるでしょう。

BtoB企業だけでなくBtoC企業も導入がすすむ

これまでのMAツールを利用していたのは、規模の大きなBtoB企業が主流でした。
しかし一般ユーザーによるオンラインでの消費活動が定着したことや、BtoC用のMAツールも多く登場したことにより、これからはさまざまな分野の企業でMAが必須ツールになるでしょう。

MAで成果を出すために

MAの市場はこれからも拡大を続け、さまざまな業種で導入が進むとみられています。
自社に合ったMAをスムーズに導入するために、MAを導入する目的やどこまでを自動化したいのかを日頃の業務で明確にしておくようにしましょう。

当社では、ITやマーケティングの知識を持った人材の派遣サービスを行っています。
MA運用の経験豊富なスタッフが丁寧に状況をヒアリングし、最適なMAの選定から運用支援、マーケティングの課題解決までワンランク上のサポートを提供いたします。
基幹システムやアプリケーションなどとのツール連携も得意分野です。
自社に合うMAツールを知りたい方や、導入方法がわからない方、MA運用の効果が実感できていない方は、ぜひMA導入・運用代行の「デジマ女子」にご相談ください。

 

よく見られている記事

運用 , Google Analytics , 広告
入札単価設定とは?入札単価設定のコツをお伝えします

入札単価設定とは?入札単価設定のコツをお伝えします

Google Analytics , 活用 , MA(マーケティングオートメーション) , 広告 , メール , コンテンツ
デジタルマーケティング用語40選!これだけは知っておきたい!

デジタルマーケティング用語40選!これだけは知っておきたい!

Google Analytics , 広告 , WEBデザイン
LP(ランディングページ)の作り方

LP(ランディングページ)の作り方

CONTACT
お問い合わせ

デジタルマーケティングに関するご相談などは お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

telphone

受付時間:平日9:30~18:00