MAツール13種を徹底比較!料金体系や特徴・おすすめのポイントをわかりやすく解説

MAツール13種を徹底比較!料金体系や特徴・おすすめのポイントをわかりやすく解説

MA(マーケティングオートメーション)ツールの比較ではそれぞれ月額費用や特徴が異なり「自社に合うツールがわからない」と迷う担当者も少なくありません。

そこで今回は、MAツールを検討している方に向けて、MA選びのポイントからおすすめツール13製品をわかりやすく解説していきます。

MA(マーケティングオートメーション)ツール導入のメリット

MA(マーケティングオートメーション)は、見込み顧客獲得からコンテンツ作成、スコアリングなどの活動を自動化・効率化できるツールです。
膨大な顧客情報の一元管理や分析・レポートの自動化などを活用すれば、マーケターがコア業務に集中できたり、顧客への施策を最適化できるなどのメリットがあります。

また、営業と連携してホットリードをタイミング良く引き渡すことで商談数・成約数アップ、売上向上にもつながるでしょう。

MAについて、こちらの記事もご覧ください。
マーケティングオートメーション(MA)とは?導入メリットや活用ポイント、MAツールの主な機能から導入手順まで解説

【事例】ホットリードを営業に渡してアポイント数2倍に

BtoB向けSI企業に常駐し、Maketing Cloud Account Engagement(旧Pardot)を使用したステップメール配信で、MQLの質を向上させたデジマ女子の事例です。

当初、特定のリストに対して一斉にメールを配信しているのみで、開封率・クリック率も低い状況でした。

そこで、リストの現状把握と活用方法を検討し、ステップメール配信を実施し、「課題提示」、「商品の機能紹介と使い方」、「キャンペーン案内」の順で配信し、業種ごとに最適化していきました。

結果として、ホットリードが取れるようになり、インサイドセールスでのアポイント数が施策前に比べ2倍になりました。

詳しい事例について、以下の記事をご覧ください。
【SI企業】リストの見直しでアポイント数が2倍に。質のいいMQLをインサイドセールスに渡す施策とは。

MAツール選びのポイント

ここでは、MAツールの選定ポイントを6つ解説します。

MAの導入目的を明確にする

MAは種類が多く、導入目的があいまいだと最適なツールを選択することができません。

まずは「MAが必要な理由」や「解決したい業務課題」など現状把握を行い、必要なMA機能を明確化することが大切です。

BtoB向けかBtoC向けか

MAツールには「BtoB向け」と「BtoC向け」があり、それぞれマーケティング手法やリード管理、アプローチ期間設定などが異なります。

自社ビジネスにはどちらが最適なのか早い段階で見極めておくようにしましょう。

MAの価格は適切か

MAツール導入の初期費用は無料〜月額10万円前後と幅があります。導入後に見込まれるコスト削減や売上向上などをよく考慮し、費用対効果をしっかりとチェックすることが大切です。

無料のトライアル期間があるMAツールは積極的に活用しましょう。

サポート体制に問題はないか

MAは多機能なぶん、導入から定着までサポートが必要です。

日本語での電話・チャット・FAQサイトの有無、機能拡張サポート、24時間体制でのトラブル対応など、ベンダー側のサポート体制が万全かを確認しておきましょう。

既存ツールと連携可能か

SFA(営業支援システム)やCRM(顧客管理システム)とスムーズに連携できれば、データ移行の手間やコストを大幅に減らすことができます。

MAが自社の既存システムと連携できるか、よく確認しておきましょう。

SFAについて、こちらの記事もご覧ください。
SFAとは?基本機能から失敗しない選び方、おすすめツールまで徹底解説!

使いこなせるMAツールを選ぶ

MAツールの効果を最大化するためには、マーケティングの知識やノウハウをもった運用担当者が必要です。
マーケティングチームが成熟していない場合は、あえてシンプルなMAのほうが扱いやすく、成果につながるケースもあります。

MAの運用が軌道に乗るまでは、社外のアドバイザーや支援企業を活用するのもよいでしょう。

当社のMA運用サービスについて、以下のページもご覧ください。
デジマ女子のMA導入・運用代行

【13選】おすすめのMAツールを比較

ここでは、おすすめのMAツールについて、機能の特徴、BtoB向けかBtoC向けか、使いやすさ、料金表なども網羅して解説します。

※サービス内容や料金に関しては、公開時の情報になります。最新情報は各公式サイトよりご確認ください。

Hubspot(ハブスポット)

BtoB向け総合プラットフォームで、マーケティング、セールス、カスタマーサービスの3部門をシームレスに連携できます。

ほぼすべてのマーケティング施策に対応可能で、インバウンドマーケティングを強化したい企業におすすめです。
無料版のほか、月額ではStarter:6千円、Professional:9万6千円、Enterprise:38万4千円となっています。

参照|Hubspot

Marketing Cloud Account Engagement(旧Pardot)

BtoB向け、リードナーチャリングに強いツールです。

SFA(営業支援システム)と強固に連携できるため、ホットリード育成から商談成約まで強化したい企業におすすめです。
年間契約で、月額Growth:15万円、Plus:30万円、Advanced:48万円で利用できます。

参照|Marketing Cloud Account Engagement

Adobe Marketo Engage

BtoB/BtoCどちらにも有効な、顧客との関係構築に特化したツールです。

クロスチャネル対応、1日に数百万件トラッキングなどの処理ができるなど、One to Oneマーケティングの実現におすすめです。
24時間365日対応のサポートのほか、ユーザー同士のオンラインコミュニティなどを利用できます。

導入費用については非公開です。

参照|Adobe Marketo Engage

GENIEE MA(MAJIN)

BtoB/BtoCどちらにも対応した国産ツールです。

UIがシンプルで直感的に操作できるうえ、独自のシナリオキャンバスを使えば質の高いシナリオ設計・運用が叶います。
トライアル期間があるほか、月額料金の10万円/月に有料オプションを選択可能です。

参照|GENIEE MA(MAJIN)

SATORI

BtoB向け、リード獲得に強い国産ツールです。

CRMや名刺管理ツールとの連携に加え、匿名ユーザーへのアンノウンマーケティングにも対応するなど集客力を高めたい企業におすすめです。
24時間365日のサポートやマニュアル完備なので、初心者も安心して利用できます。トライアル版もあり、初期費用30万円、月額14万8千円から導入可能です。

参照|SATORI

b→dash

世界初の「Data Palette(データパレット)」を搭載したデータマーケティングプラットフォームです。

BtoB/BtoCどちらも対応可能で、ノーコードでデータ処理・加工できるため非エンジニアでもスムーズに分析業務を効率化できます。導入費用は非公開です。

参照|b→dash

SHANON

BtoB/BtoCどちらにも有効な国産ツールです。

WEBマーケティングに加え、リアルのウェビナー・セミナー・展示会などの開催や管理に必要な機能が充実していることが特徴です。費用プランがいくつかあるため、問い合わせてみましょう。

参照|SHANON

BowNow

ユーザーのリスト化を支援するシンプルな国産MAで、複雑な設定は不要ですぐに運用できます。

完全無料プランがあるため初心者でも試しやすいですが1ヶ月しか過去データを閲覧できないため、必要に応じて有料版にアップデートしましょう。

参照|BowNow

List Finder

BtoB企業に必要な機能に絞った、シンプルで使いやすいツールです。

20日の無料トライアル、初期費用10万円で、月額はライト:3万台円、スタンダード:5万円台、プレミアム:7万円台から選択できます。

導入には担当コンサルタントがつくほか、ノウハウ・リソース不足の企業に向けた運用代行サービスも行っているため、スモールスタートをしたい企業におすすめです。

参照|List Finder

Kairos3

低コストで導入できる、ROI分析・SFA機能を搭載したBtoB向けMAツールです。

専門チームのサポートがあるため、ノウハウがない初心者も安心してスタートできます。
初期費用は1万円、月額料金は月間PV数やメール数に応じて1万5千円/月〜4万6千円/月から選択可能です。

参照|Kairos3

Synergy!

クラウド型の国産CRM(顧客管理システム)ですが、メール配信やSNS・広告運用の機能があるためMAとして活用できます。

高いセキュリティ対策から情報漏洩などの心配がないことが特徴です。
基本は初期費用11万8千円、月額1万5千円からで、必要に応じて機能拡張ができます。

参照|Synergy!

MOTENASU

独自の配布物発注システムでDM送付ができる、BtoC向けMAツールです。

自動で最適なアプローチをしてくれるため、休眠顧客の掘り起こしや成約後のアフターフォローなどを効率化することができます。
初期費用が30万円、月額は顧客登録数5万件:10万円/月、6万件:12万円/月、7万件:14万円/月です。

参照|MOTENASU

カスタマーリングス

BtoC向けのEC通販業界に特化したMAツールです。

ECのカートや基幹システムとデータ統合することで、レコメンド設定や広告配信などができます。
専門コンサルによるサポートや運用アドバイスもついており、基本利用料は9万8千円/月です。

参照|カスタマーリングス

MAツールの選定に困ったら

MAツールを探すときは、自社の目的に合った機能が搭載された、コストパフォーマンスの高い製品を選ぶことが大切です。

もし自社のみで判断できない場合や、社内にMA運用のノウハウがない場合は、いちど当社「デジタルマーケティング事業本部」までご相談ください。
デジタルマーケティングの専門家が貴社の課題や現状を丁寧にヒアリングし、最適なMA選定から導入・運用まで伴走支援させていただきます。

関連する記事

デジタルマーケティング , WEBマーケティング
デジタルマーケティングの最新動向5選!2024年のトレンドと市場の流れを解説

デジタルマーケティングの最新動向5選!2024年のトレンドと市場の流れを解説

MA(マーケティングオートメーション) , メルマガ , メールマーケティング
おさえておきたい!読まれるメルマガにある3つの共通点とは?

おさえておきたい!読まれるメルマガにある3つの共通点とは?

MA(マーケティングオートメーション) , デジマ女子のスキル , WEBマーケティング
MAツールの運用代行サービスとは?メリット・デメリットを解説!

MAツールの運用代行サービスとは?メリット・デメリットを解説!

よく見られている記事

CONTACT
お問い合わせ

デジタルマーケティングに関するご相談などは お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

telphone

受付時間:平日9:30~18:00