マーケティングツール

SEOをはじめよう!~上位表示に必要なこと~

SEOをはじめよう!~上位表示に必要なこと~

ウェブサイトを運営している方なら、検索エンジンを意識して、検索順位アップ・上位表示に結びつける対策をされているのではないでしょうか。
なぜなら、ウェブサイトへの集客は検索行動からの流入が多く、検索順位の上位を獲得することで、自社サービスや製品をより多くの人に見てもらうことができるからです。
この記事では、すでにSEO対策をしており、次の対策を実行したい方に、少し踏み込んだSEO対策をご紹介します。

なお、これからSEOをはじめる方はこちらをご覧ください。
SEOとは?初心者にやさしい基礎知識

また、ウェブサイトをGoogle検索で上位表示するには、内部SEO、外部SEOの対策が必要です。
では、内部SEOと外部SEOとは具体的にどのような対策なのでしょうか。
対策ごとに詳細を確認していきましょう。

内部SEOとは

内部SEOとは、サイト内部の構造に対して行うSEO対策です。
この内部SEO対策が正確に実施されていないと、掲載内容がユーザーの役に立つ素晴らしいものだったとしても、その評価を取りこぼし、上位表示を逃してしまう可能性があります。

内部SEOには、コンテンツ、内部リンク、titleタグ、コピーコンテンツ、sitemap.xml、メタディスクリプション、alt属性、アンカーテキストなどの多くの対策項目があります。

 GoogleSEO スターター ガイドにも詳細の記載がございます。
引用:検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

正しく評価をしてもらうために、しっかりと対策を行いましょう。

seo-biginner_01

コンテンツ

Googleはなによりコンテンツの質を重視します。
そのため、サイト内のコンテンツの質が高いことが最も重要です。
検索ユーザーの知りたいこと、興味のあることに対して正確に応えることで、検索上位ページを狙うことができます。
キーワードや共起語の選定などを行い、ユーザーの疑問に的確に答えられるコンテンツを作成しましょう。

内部リンク

内部リンクとは、自社サイト内のページを繋ぐリンクのことを指します。
ページ単体の評価だけでなく、サイト全体の評価を向上させるためにも、内部リンクの最適化は重要事項になります。

内部リンクの最適化から期待できるSEO効果はSEO効果は、以下の3点になります。

①クローラーが巡回しやすくなる

Googleのクローラーは内部リンクを辿ってサイト内を巡回し、ページをインデックスしていきます。
そのため、内部リンクが整備されていないサイトでは、ページをアップしても素早くインデックスされず、検索結果に表示されない可能性があります。
内部リンクを最適化することで、クローラーがサイト内のページをもれなく巡回できるようになり、検索結果に表示されないという機会損失を防ぐことができます。

②ページ同士の関連度が高くなり評価が上がる

関連度の高いページを内部リンクとして設定することで、リンク先のページの評価を上げることができます。
なぜならば、ユーザーが知りたい情報にたどり着きやすくなるからです。
その結果、ユーザビリティの向上が期待でき、サイトの評価を上げることにも繋がります。

③ユーザーの滞在時間が長くなる

内部リンクが整理されていないサイトでは、どこに自分の知りたい情報が載っているのか分かりにくくなるため、ユーザーの離脱に繋がる可能性があります。
しかし、内部リンクを最適化することで、ユーザーは自分の知りたい情報を探しやすくなり、網羅的な情報収集が可能となります。

titleタグ

titleタグはページごとに設定し、そのページが何について書いてあるのかを示す「題」となるタグです。また、検索をした際に検索結果ページに表示されるものでもあるため、どんなページなのかを判断できる内容にする必要があります。
上記のように、ページの内容を端的に示すものなので、Googleもこのタグを重要視しています。

h1タグ

hタグは見出しに使うタグのことで、h1h6まであります。
見出しレベルの数字が大きくなるほど重要度が下がるため、h1は最も重要度が高い見出しといえます。
内部SEO対策では特に、「h1」に設定する見出しを何に設定するか鍵となります。
この際、他社や競合サイトのh1タグの内容と重複しないようにすることが重要です。

コピーコンテンツ

サイトのコンテンツ内に他のサイトの内容をコピーしたものがあると、Googleは「コピーコンテンツ」と判断してペナルティを課す可能性があります。
世界中には多くのウェブサイトがあるため、まったく異なる内容のコンテンツを作成することは難しいですが、文章をそのままコピーして貼り付けたようなコンテンツではなく、制作者の言葉でオリジナルなコンテンツを作成することが大切です。

sitemap.xml

sitemap.xmlを設置することでサイトの構造をGoogleに的確に伝えることができます。
その結果、インデックスの優先度を伝えることができ、素早く的確にGoogleにインデックスされます。

メタディスクリプション

メタディスクリプションとは、記事の概要を紹介するための100〜120文字程度の文章のことです。
ユーザーに記事の内容をわかりやすく伝えることができます。

実のところメタディスクリプションには、SEO的な影響はほとんどありません。
設定をしなくても、概要の部分にはしっかりと文章が表示されます。
その場合、そのページ内に存在するテキストをGoogleが自動的に検知して表示してくれます。

しかしながら、Googleの自動表示であるため、ウェブサイトの制作者が意図しない文章が表示されてしまう可能性があります。
そのような事態を回避するためにも、メタディスクリプションは設定しておくことをお勧めします。

alt属性

alt属性とは、ページ内の画像の内容を検索エンジンに伝えたり、画像が読み込めない時に表示させる代替テキストのことです。
現状、検索エンジンはウェブサイトに設定された画像の内容を把握することができません。
そこで、「どんな画像が表示されているのか」「画像に表示されているものがどのような動きをしているのか」といった情報を検索エンジンに伝えるために、画像にalt属性というタグを付けます。

アンカーテキスト

アンカーテキストとは、リンク設定をする際に使用されるテキストのことです。

例えば、”コクー株式会社”のテキストをクリックすると、https://cocoo.co.jp/にジャンプする設定をした場合、HTMLでは以下のように表記されます。
<a href=”https://cocoo.co.jp/”>コクー株式会社</a>
この<a>タグで囲まれたテキスト”コクー株式会社”がアンカーテキストです。

ユーザーはもちろんのこと、クローラーもアンカーテキストの内容を確認し、リンクの先にどのような情報が書かれているのか判断するため、以下3つのポイントを意識する必要があります。

①リンク先の内容が分かる説明的なテキストにすること

クローラーがリンク先の内容を把握しやすいように、キーワードのみではなくリンク先の内容を表すような文章にしましょう。

②キーワードを含めること

アンカーテキストには、リンク先のキーワードを含めるようにしましょう。
ただし、過剰にキーワードをいれると不自然な文章になりSEO評価にも悪影響です。

③簡潔な内容にすること

説明的でキーワードが含まれるようにといっても、2行以上にしたり、一つの文を丸々アンカーテキストに設定するのはおすすめしません。
そのような長いアンカーテキストでは、ユーザーもクローラーも内容を理解するのに時間がかかってしまうからです。

2~3個の単語からなるテキストか、短いフレーズ程度の一目で見て瞬間的に内容が分かるようにするのがおすすめです。

外部SEOとは

外部SEOとは、他のサイトなど外部から評価されシェアしてもらうための対策です。
自分のウェブサイトが、ほかのウェブサイトなど、外部からどの程度評価されているかは、検索順位の決定に大きく影響します。
そして、外部からどの程度評価されているかの基準となるのが被リンクです。
しかし、被リンクの数が多くても質の低い被リンクではSEO効果はなく、逆効果になる可能性があります。
そのため、いかに外部SEO質の高いリンクを増やすかが重要になります。

重要度が高い被リンクと質

外部SEOの指標は、被リンクの質と数と言ってもおかしくないでしょう。
ウェブサイトに他のリンクを貼るということは、そのページの情報を支持しているとみなすことができます。
そのため、被リンクはサイト内部からは測ることのできない、ユーザー視点でのページのコンテンツの価値指標として用いられます。

前述したとおり、注意しないといけないのは、数だけではなく、質も大事であるということを念頭に置いておきましょう。

まとめ

まとめ

今回紹介した内容は、SEO対策で最も重要と言われている内容にフォーカスしてご紹介しました。
しかしながら、今回ご紹介した内容をすべて実施したからといって、すぐに効果が出る、というわけではないのがSEO対策です。
SEO対策はすぐに成果が確認できるわけではなく、日々最適化をしていく必要があります。

ユーザーのためのコンテンツとはどんなものなのか、ユーザー目線になり考えていくことが、最も重要なSEO対策なのではないでしょうか。

関連する記事

活用法 , おすすめの記事 , WEB制作 , コンテンツマーケティング
LP(ランディングページ)の作り方

LP(ランディングページ)の作り方

活用法 , おすすめの記事 , デジタルトランスフォーメーション , 動画制作
動画化のメリットとおすすめ活用シーンのご紹介

動画化のメリットとおすすめ活用シーンのご紹介

活用法 , WEB制作 , コンテンツマーケティング
課題を解決するWEBサイト制作

課題を解決するWEBサイト制作

おすすめの記事

活用法 , おすすめの記事 , WEB制作 , コンテンツマーケティング
LP(ランディングページ)の作り方

LP(ランディングページ)の作り方

活用法 , おすすめの記事 , SEO
SEOをはじめよう!~上位表示に必要なこと~

SEOをはじめよう!~上位表示に必要なこと~

活用法 , おすすめの記事 , デジタルトランスフォーメーション , 動画制作
動画化のメリットとおすすめ活用シーンのご紹介

動画化のメリットとおすすめ活用シーンのご紹介

よく見られている記事

CONTACT
お問い合わせ

デジタルマーケティングに関するご相談などは お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

telphone

受付時間:平日9:30~18:00