マーケティングツール

コンテンツSEOとは?上位表示される質の高い記事やユーザー分析のポイント

コンテンツSEOとは?上位表示される質の高い記事やユーザー分析のポイント

コンテンツSEOとは、自社コンテンツを検索結果で上位表示させ、オーガニック流入を増やすためのマーケティング手法です。
メディア競争が激化するなか、コンテンツSEOは「オウンドメディアのPVが伸びない」「検索上位に上がらない」など企業が抱えがちな課題を解決する手段として注目されています。

ここでは、コンテンツSEOのメリット、デメリットなどの基礎知識や、コンテンツマーケティングとの違いを解説します。
また後半では、コンテンツSEOで成果がでる高品質な記事作成やユーザー分析のコツについてご紹介しています。

検索順位やSEO対策にお悩みの方は施策の改善にお役立てください。

コンテンツSEOとは

コンテンツSEOとは、ユーザーにとって有益な記事(コンテンツ)を提供することで、検索エンジンからの集客を目指すSEO対策のことです。
具体的にはユーザーの検索意図に沿う良質なコンテンツ作成を続けることで、GoogleやYahoo!などの検索エンジンによるSEO評価を高め、上位表示されることを目的としています。

検索順位が高まることで、オウンドメディアへの集客やコンバージョンの増加だけでなく、潜在顧客へのリーチ拡大や、自社のブランディングへの効果も期待できます。

SEO対策についてはこちらの記事もご覧ください。
SEOをはじめよう!~上位表示に必要なこと~

コンテンツSEOのメリット

コンテンツSEOのメリットは、読者の悩みを解決するコンテンツを発信した結果、ユーザーの自社ブランドへの愛着を高めることができるという点です。

ユーザーとの関係性が強まると長期的に安定して集客を維持できたり、すでにあるコンテンツが顧客の検討段階を自動ですすめてくれるため、リードナーチャリングの手間がはぶけるという効果があります。
また、コンテンツSEOはSNSとも相性が良いため拡散力があり、満足したユーザーからの被リンク獲得や新たなユーザーとの接点拡大も期待できます。 

コンテンツSEOのデメリット

コンテンツSEOのデメリットは、成果がでるまでに時間がかかることと、定期的にコンテンツの更新が必要なことです。

記事のライティングやリライトは労力が必要なわりに、効果が実感できるまでに半年から1年ほど待たなければなりません。
また、苦労して制作したコンテンツも、Googleの検索アルゴリズム次第で急に大きな順位変動に巻き込まれてしまうことも考えられます。

コンテンツSEOは成果が出始めればメリットが大きいマーケティング戦略なので、このようなデメリットを考慮しながら長期的に腰を据えて取り組む意識が重要です。

コンテンツSEOとコンテンツマーケティングの違い

コンテンツSEOとコンテンツマーケティングの違いは、扱うコンテンツの種類と目的です。

コンテンツSEOは基本的にブログ記事を扱い、キーワードからのSEO集客を目的としています。
その一方で、コンテンツマーケティングは広告やSNS、メルマガ、ホワイトペーパーなど多様なコンテンツを扱い、それらを通じて見込み顧客とコミュニケーションを取ることが目的です。

そのため、集客を主目的とするコンテンツSEOは、集客からナーチャリング、コンバージョンまで幅広い目的を持つコンテンツマーケティングの一部だと言えます。
コンテンツSEOとコンテンツマーケティングは名前が似ているため混同されがちですが、コンテンツや目的の違いを理解して使い分けることが重要です。

コンテンツSEOで上位表示されるためのポイント

コンテンツSEOで記事を上位表示させるには、まずはユーザーにとって「質」の高いコンテンツ制作が重要です。
また、ニーズに合った記事を継続して配信するためには、顧客の欲している情報を正確に把握するためのユーザー分析も欠かせません。

ここではコンテンツSEOで成果をだすために、ユーザーにとって価値があるコンテンツを作成するポイントを解説します。

ユーザーの課題を解決できるコンテンツ

ユーザーがコンテンツを検索する理由は、自分が抱えている課題を解決するためです。
そのため検索結果で順位を上げるには、まずは自社のコンテンツ内容が検索ユーザーの課題をすべて解決できている必要があります。

コンテンツを評価するGoogleの検索アルゴリズムも「ユーザーファースト」を掲げており、コンテンツSEOではこのポイントを外すと成果が出づらくなってしまいます。
また、検索キーワードを表面的に記事化するのではなく、ユーザーが抱えている真の悩みに沿ったコンテンツを作成することがポイントです。

オリジナルの一次情報を盛り込む

Googleの検索アルゴリズムは、これまではユーザーの課題を解決するための網羅的で情報量の多い記事を評価してきました。

しかし、2018年のアップデートから、記事の独自性や専門性を重視する方針に転換し、オリジナルのコンテンツを上位表示するように変化しています。
そのため、コンテンツSEOでは調べればわかる情報だけでなく、商品の体験談や口コミなどの一次情報を意識して盛り込むことが大切です。

ペルソナやカスタマージャーニーから態度変容のポイントを把握

態度変容とは、認知から購入までの顧客の購買心理の変化のことです。
自社の理想とする顧客像である「ペルソナ」や、顧客の購買心理やプロセスをシナリオ化した「カスタマージャーニー」から、ユーザーの態度変容のトリガーを明確にします。

コンテンツSEOでは単に検索ボリュームのあるキーワードに沿って記事を量産するのではなく、顧客をどのように成約まで誘導するかの戦略を立てながらコンテンツを作成しなければなりません。

そのためこのユーザーの態度変容を把握することや、戦略のもととなるペルソナやカスタマージャーニーを作り込むことが重要です。

ユーザー分析をもとにコンテンツ計画をたてる

ある程度ユーザー分析がすすんだら、コンテンツの内容や配信タイミングなどを決めるコンテンツ計画を立てます。
また、ユーザー分析をするなかで訴求力の高いキラーコンテンツや独自のベネフィットを探すように心がけ、発見できたものをコンテンツ計画に盛り込んでゆくのがおすすめです。

実際にコンテンツ配信がスタートしたら、クリック率や滞在時間、流入数や離脱率などのリアクションをもとにユーザー分析を繰り返し、コンテンツ計画を定期的にメンテナンスするようにしましょう。
特にコンバージョンが発生し始めた記事は重点的にリライトし、上位表示を目指すことが大切です。

顧客のデータ分析についてはこちらの記事もご覧ください。
MAツールでの顧客データ分析とは?データ活用や分析方法を紹介

コンテンツSEOで上位表示するためには

コンテンツSEOで上位表示を狙うためには、質の高い記事作成と的確なユーザー分析が欠かせません。
コンテンツSEOは一度成果が出てしまえばコストをかけなくとも集客効果が持続するため、メリットが大きな施策です。

しかし、コンテンツSEOは成果が出るまでに時間がかかり、改善点がわかりにくいため挫折してしまう企業も少なくありません。

もしコンテンツSEOの効果が実感できない、自社メディア運営アドバイスがほしい、記事作成の時間がないなどでお悩みでしたら、一度「デジマ女子」までご相談ください。
質の高いコンテンツ制作やユーザー分析など、手間のかかるコンテンツ運営をまとめてサポートいたします。

コンテンツSEOは、競合よりはやく取り組むことで成果が出やすい施策です。
貴社のコンテンツSEOを軌道にのせるためにも、ぜひ「デジマ女子」の活用をご検討ください。

よく見られている記事

CONTACT
お問い合わせ

デジタルマーケティングに関するご相談などは お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

telphone

受付時間:平日9:30~18:00