マーケティングツール

WEB広告を見直して最適化!運用方法から、広告別のポイントまで解説

WEB広告を見直して最適化!運用方法から、広告別のポイントまで解説

WEB広告は適切に運用すれば、短期間で効果を上げることができるメリットがある一方、設定や運用法を間違うと効果が出ずに広告コストばかりがかさんでしまうというデメリットもあります。

ここではWEB広告運用を最適化するために、現在見直すべき項目や広告別の施策ポイントなどを解説します。

現在の運用を見直す

WEB広告運用を見直すポイントを4項目に絞って解説します。

予算は適切か?

WEB広告で最も重要な施策は、予算配分の効率化です。
予算は成果目標から逆算して算出されますが、繁忙期と閑散期を見極め適切に配分しないと機会損失が発生します。
定期的に見直しやすいようできるだけ細分化し、月の前後半などの予算配分も決めておくようにしましょう。

予算と合わせて入札単価の記事もご覧ください。
入札単価設定とは?入札単価設定のコツをお伝えします

ターゲットや配信先の設定は適切か?

次にターゲットや配信先の設定を最適化しましょう。
認知拡大が目的であればおおまかなターゲットのみを定め、キーワードのマッチタイプは範囲を広げるよう設定します。
反対に、広告のクリック率を上げるため、詳細なターゲット設定を行い、コアなキーワードや範囲を絞った配信設定を行うと効果的です。

広告の内容は適切か?

WEB広告に訴求力がなければ、ユーザーに素通りされてしまいます。
広告文に検索条件に即したメリットを提示したり、印象的なクリエイティブになるよう工夫しましょう。

また、同じ広告が過度に表示されると慣れが生じ、邪険にされてブランドイメージを下げることもあります。
より多くのユーザーにアプローチするためにも広告の内容は簡潔に、マンガやイラスト、動画など複数のパターンを用意しておくのがおすすめです。

LP(ランディングページ)の内容は適切か?

LP(ランディングページ)は売上に直結するページでもあるため、ファーストビューのデザイン、コピーは特に重要です。
LP(ランディングページ)のABテストを行うことでコンバージョン率を高めるための見直しを行いましょう。

またLP(ランディングページ)の内容とアクセス流入元のWEB広告の内容に食い違いがなく、明確なメリットの提示やユーザーの疑問や不安の解消が行われているかも注意深く検証するのがおすすめです。

広告とLPの改善に関して、詳しくはこちらの記事もご覧ください。
広告とLP(ランディングページ)の課題と改善方法

広告別見直しポイント

ここではWEB広告別に、広告効果を最大化するために見直すべきポイントを解説します。

リスティング広告

リスティング広告はGoogleやYahoo!の検索連動型の文章広告であり、顕在層に即効性が高いツールです。
そのため見直すポイントは、ターゲット設定とキーワード選定です。
ターゲット層の年齢や性別、興味や関心、検索キーワードは明確になっているか、キーワードプランナーを利用するなどキーワードは適切か、マッチタイプの範囲が目的に応じて設定されているか、を確認しましょう。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告はポータルサイトの広告枠を利用するもので、代表的なものはGoogleの「GDN」やYahoo!の「YDN」です。
画像や動画で視覚的にアピールでき、潜在層への認知拡大に効果的です。

見直すポイントは、アクセス解析ツールを活用し定期的なクリエイティブの改定を行うことです。
特に認知拡大を目的とする場合、画像やキャッチコピーは万人の興味をひく内容にすることで、クリック率を上げることができます。

SNS広告

SNS広告はユーザー情報に基づき、精度の高いターゲティングが期待できます。
同時に不特定多数にSNSと同じ形式でアプローチできるため、認知拡大やブランディングにも活用することもできます。

FaceBook

Facebook広告を見直すポイントは、運用目的に適したオーディエンス設定、広告フォーマットの設定ができているかを検証することです。
FacebookはSNS広告のなかでは比較的安価でありながら、ターゲティングを自動で最適化する機能を備えているため、オーディエンス設定が適切かどうかも確認します。

そのほかにもInstagramと連携し「動画広告」「ストーリーズ広告」など多数のフォーマットが利用できるため、KPIに即したものを選択するようにしましょう。

Twitter

Twitter広告を見直すポイントは、広告タイプの選定や更新頻度の改善です。
Twitter広告はFacebookのような詳細なターゲティングは難しいものの、拡散力が高いというメリットがあります。
そのため認知拡大には「プロモツイート」、フォロワー増加には「プロモアカウント」、話題性や告知効果には「プロモトレンド」と目的に応じて選択しましょう。

またTwitterの配信アルゴリズムでは「鮮度」も重視されるため、ツイートを複数用意し、共感をよぶ内容にしたり、週1回以上更新するようにしましょう。

LINE

LINE広告を見直すポイントは、入稿の異なる6種類のキャンペーンの使い分けです。
LINE広告は拡散力こそないものの、アクティブユーザーや掲載可能なポータルサイトが多いため確実で幅広いリーチが期待できます。
配信設定を絞りすぎず動画配信や静止画などクリエイティブを複数用意するなど、LINEの広告配信ネットワークをフル活用できるようにしましょう。

各SNSの特徴に関して、詳しくはこちらの記事もご覧ください。
SNSマーケティングがなぜ注目されているのか?特徴とメリットを解説!

純広告

純広告を見直すポイントは、配信先メディアやLPの内容です。
純広告は広告枠を購入して掲載するため広くアピールできる反面、やや広告費用がかさみます。
目的とするターゲットと近いメディアに広告掲載を行うために、効果が感じられない場合は配信先を見直す事が重要です。

またアクセス解析を行い、商品購入までの離脱ポイントやLPへ誘導した後の導線も精査しましょう。

改めて確認したい広告の選び方

目的に応じて最適な広告媒体は異なるため、KPIに応じたWEB広告を運用するようにしましょう。

潜在層を狙う

潜在層とは特定のジャンルに関心はあるものの、商品やニーズが漠然としているユーザーを指します。
そのため潜在層を狙うWEB広告はまず認知拡大を目的とし、ニーズに気づかせて顕在層へ育成するというアプローチを行います。
潜在層を狙うWEB広告は幅広いユーザーにリーチできる、タイアップ記事、ディスプレイ広告、SNS広告などを選択しましょう。

顕在層を狙う

顕在層とは明確なニーズがあり、比較検討段階にあるコンバージョン率の高いユーザーを指します。
そのため顕在層を狙うWEB広告は商品の認知拡大と同時に、他社との差別化を図ったり購入の決定打になるような情報提供ができる広告媒体を選択しましょう。
例えば検索キーワードを細かく設定できるリスティング広告や、精度の高いペルソナ設定ができるSNS広告などが有効です。

アドネットワークとDSPの違い

アドネットワークとはSNSやブログなどの広告枠ネットワークのことで、加盟メディアへの一斉配信を行うことができます。
ターゲットを明確にせず、潜在層向けの幅広い認知拡大に適しています。

その一方でDSPはユーザーの性別や年齢、行動履歴などの情報に合った広告を表示させる仕組みのことで、顕在層のような特定のターゲットへのアプローチに有効です。

広告運用の外注とインハウスのメリット・デメリット

WEB広告の運用方法には2種類あり、広告代理店への外注と、自社で行うインハウスがあります。

インハウスと外注の違い

インハウスは広告費を抑え、社内に知識を蓄積することができるメリットがあります。
その一方で人材の育成にコストがかかり、業務と同時進行の片手間運用になりがちです。

外注は手数料がかかるものの、プロが運用するため短期間で結果を出すことができます。
また広告運用担当者が自社業務に集中できるため、結果的に生産性向上に繋がるメリットもあります。

注意点

成果の出るWEB広告運用には、専門的なマーケティングの知識やトレンド把握が不可欠です。
また費用対効果の高い運用を行うためには、市場調査やキーワード選定、クリエイティブを定期的に見直すPDCAの構築も欠かせません。
インハウスでの人材確保や環境構築も重要ですが、成果をだすことにこだわるのであれば外注という選択肢も検討するようにしましょう。

計画や運用体制に関して、詳しくはこちらの記事もご覧ください。
デジタルマーケティングの失敗を回避する4つのポイント

広告運用事例に関して、詳しくはこちらの記事もご覧ください。
広告運用の失敗例から学ぶ!回避策と成功のポイント

WEB広告を最適化して成果を上げる

今回はWEB広告運用を見直すポイントをご紹介しました。

広告運用で成果を出すためには、明確なKPIに基づいてPDCAサイクルをまわし、定期的に運用を見直すことが重要です。

広告運用で成果が出ずに悩んでいる方、広告の見直し方法がわからない方、これから広告運用を検討している方は、広告運用の資格を持った「デジマ女子」にご相談ください。
ターゲットに合わせた広告プランニング・キャンペーン設計はもちろん、顧客対応からクリエイティブやLP制作、運用支援まで幅広く対応し、貴社の負担を解消します。

デジマ女子であれば、お悩みや予算に応じて常駐(派遣)、キャンペーン中のスポット派遣、受託など、ワンランク上の業務支援をお約束します。

関連する記事

CONTACT
お問い合わせ

デジタルマーケティングに関するご相談などは お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

telphone

受付時間:平日9:30~18:00