マーケティングツール

Googleリスティング広告を活用しよう!~導入のメリット、運用のポイントをご紹介~

Googleリスティング広告を活用しよう!~導入のメリット、運用のポイントをご紹介~

現在、日本でのGoogleのシェアがどれくらいかご存じでしょうか。
なんと7割以上の人がGoogleを利用しており、場所を問わず日々多くの検索が発生しています。

そんなGoogleが提供する広告はいくつか種類があります。
今回はそのなかでもリスティング広告についてご紹介します。

リスティング広告について理解を深め、ユーザーに最適なタイミングで自社の商品やサービスをアピールしましょう。

リスティング広告の概要

リスティング広告は、ユーザーがGoogle検索で何かを検索した際に、入力した検索キーワードに関連して広告が表示されています。

そのため、自社のサービスを拡販したい方にはうってつけのデジタル広告です。
また、広告というと派手なビジュアルを想像しがちですが、
リスティング広告は、タイトル・説明文・URLで構成されたテキスト形式の広す。

リスティング広告のメリット

星5つ

次にリスティング広告のメリットをご紹介します。自分の会社のサービスをもっと多くの方に認知させたい、という方は必見です。

顕在層に配信できる

1つ目のメリットは、冒頭でふれたとおり、ユーザーが検索したキーワードに連動して広告が表示される、ということです。
自社の商品・サービスに強い関心を持っているユーザーにリーチしやすくなります。

低予算ですぐに始められる

リスティング広告は、クリエイティブ(画像・動画)を用意する手間がかかりません。商品・サービスを紹介するウェブサイトさえあれば、すぐに開始できます。

また、リスティング広告には最低出稿金額の決まりがありません。
広告がクリックされるごとに費用が発生するクリック型課金で、数百円単位から始めることができるため、広告にかけられる費用が少なくても気軽に始めることができます

 SEOよりも即効性がある

対策を講じてから、成果を得られるまでにSEO対策は時間がかかります。
それと比較して、リスティング広告は配信を開始したその日から成果を上げることが可能です。
もちろん、成果を上げるには、適切なキーワード選定・ターゲティングを行う必要があります。

また、成果が得られない場合、ボタン1つで配信を止めることができます。
広告文の変更や配信のタイミングなど、担当者側で操作が可能な点はリスティング広告の大きなメリットといえます。

なお、SEO対策は即効性がないものの、サービス認知には必要不可欠な対策です。リスティング広告の運用に慣れてきたら、セットで運用することをおすすめします。

SEOの詳細は、ひこちらの記事をご覧ください。
参考ブログ:SEOをはじめよう!~上位表示に必要なこと~

広告効果の可視化

配信した広告のデータをリアルタイムで確認することができます。
表示回数・クリック数・平均クリック単価・コンバージョン数など、そのほかにも多くの詳細データが管理画面上に表示され、運用改善に役立ちます。

リスティング広告の始め方

スタートアップ

さて、リスティング広告のメリットについてご紹介しました。次はリスティング広告を始めるために、配信までの流れをご紹介します。

アカウント開設

まず、Google広告アカウントを開設します。アカウントでは月単位の予算を設定します。
担当部署や商品・サービスによって予算の請求先が異なる場合は、請求先ごとにアカウントを分けることも可能です。

キャンペーン作成

アカウントを解説したら、キャンペーンを作成します。
ここでは1日当たりの予算、キーワード、細かい配信設定を行います。目的ごとにキャンペーンを分けて作成するようにしましょう。

予算

リスティング広告を始めるには費用が必要です。
あらかじめ設定した予算額を超えると、その日の配信は停止され、翌日から配信が再開されます。
予算額を超えても配信を続けたい場合は、設定金額を変更しその日のうちに再開することも可能です。

キーワードの選定

ユーザーニーズやトレンドの動向を考慮し、自社の商品・サービスに関連するキーワードを選定します。その際、Googleのキーワードプランナーを使用しましょう。
新しいキーワードの発見やキーワードの検索ボリューム、キーワードの推定入札単価などを把握できます。また、候補に挙げたキーワードはExcelに書き出すと、管理しやすくなります。

配信設定

配信スケジュール、ターゲティング、デバイス、広告表示オプション、入札戦略などの詳細を設定できます。
入札戦略については過去の記事でもご紹介しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。
参考記事:【Google広告入門】最適な入札戦略の選び方

広告グループ

広告文を作成したら、次は選定したキーワードとセットにしてグループ分けをします。
広告文はタイトル・説明文・URLで構成されており、入稿規定は以下のようになっています。

設定項目 設定上限 最大文字数
タイトル 3つまで 半角30文字
説明文 2つまで 半角90文字
URL パス2つまで 半角15文字

訴求内容ごとに複数の広告を用意し、1つのグループに3~5つの広告を入れることをおすすめします。グループ分けが完了したら、配信スタートです。

運用のポイント

success鍵

リスティング広告での目標を達成するための運用のポイントをいくつかご紹介します。

自動入札機能の設定

入札単価は広告表示に大きな影響を与えます。
しかし、常に変動する入札単価を手動で管理するには、時間と手間がかかります。
そこでおすすめする機能は、自動入札機能です。

 メリット

・機械学習による適切な入札単価設定
・時間の節約
・配信精度の向上

手動入札は、これまでのクリック数やコンバージョン数などの、効果測定データをもとに入札単価を推測します。一方で、自動入札機能では効果測定データに加え、機械学習によりユーザー情報や行動を加味して、推測に頼ることなく入札単価を設定します。
これにより、手動入札よりも精度が高く効率的な配信が可能です。

また、入札単価設定にかかる工数を軽減できるため、広告やLPの改善などの作業に時間を費やすことができます。その結果、パフォーマンスの向上にもつながります。

自動入札機能ではいくつかの入札戦略が用意されているので、目標に合った最適な戦略を選択しましょう。

詳細ターゲティング

見込み度の高いユーザーにリーチするためには、ターゲティングの設定が重要です。
Google広告ではさまざまなデータをもとに、ユーザー特性ごとのオーディエンスリストを作成できます。
ここで使用されるデータは以下のとおりです。

  • ユーザー属性
  • 興味関心
  • 購買意向
  • アクセス詳細(操作履歴)
  • 既存顧客情報

まず、これらのデータを活用し、オーディエンスリストを作成します。
次に、このリストを広告グループに追加します。そうすると、ターゲットを詳細に絞り込むことができ、見込み度の高いユーザーに広告を表示できるようになります。
また、これまでにコンバージョンに至ったユーザーと、類似した行動をとるユーザーに向けてアプローチすることも可能です。

除外キーワード

リスティング広告のキーワード設定をすることで、関連性のあるキーワードで広告を表示することができます。
しかしながら、時として意図しない検索語句でも広告が表示されることがあります。

そんな時は、除外キーワード設定をしましょう。
除外キーワードは特定の検索語句を広告表示の対象から除外し、自社との関連性が低いユーザーへの広告を非表示にすることが可能です。
除外キーワードを設定すると、無駄な広告表示やクリックによる予算の消化を防ぐことができます。

自社の商品・サービスがどのようなキーワードで検索されているかは、広告管理画面で確認することができます。頻繁に検索されているが関連性が低い、成果につながっていない、というようなキーワードがあれば、除外キーワードの設定を検討しましょう。

レスポンシブ検索広告

レスポンシブ検索広告とは、タイトル・説明文・URLを用意するだけでユーザーに関連性の高いメッセージが自動で調整される広告です。
1つのレスポンシブ広告に対して、最大15個のタイトルと4つの説明文を入力できます。
多く入力するほど、ユーザー検索語句との一致がテストされ、配信される広告のバリエーションが増えます。時間の経過とともに、コンバージョンにつながりやすい組み合わせが学習され、ユーザーとの関連性の高い広告を表示できます。
ユーザーが使用しているデバイスに合わせて、柔軟に適応する点もレスポンシブ検索広告の特徴です。

既存のテキスト広告では獲得しきれなかったクリックやコンバージョンの獲得にもつなげやすいため、広告グループごとに1つ以上のレスポンシブ検索広告の作成をおすすめします。

リスティング広告の注意点

importantの文字

リスティング広告は即効性があり、少額から始められる手法ですが、事前に理解しておかなくてはならない点があります。

認知拡大には向かない

リスティング広告は、ターゲットを絞り込んで配信できる反面、幅広いユーザーには配信できないというデメリットもあります。

また、検索に特化した広告だからこそ、検索行動をとらないユーザーにはアプローチできません。
認知拡大を同時に進めたい場合は、リスティング広告の欠点を補うような手法をあわせて活用するとより効果的です。

PDCAの繰り返しが重要

リスティング広告は効果測定のデータを常に分析し、改善しながら運用を進めることが最も重要です。
競合他社やトレンドの動向、ユーザーニーズの変化などが反映されるため、日常的に最新の情報をキャッチアップすることが必要です。

まとめ

会議中の手元

リスティング広告の基本的な流れや運用のポイント、そして注意点をご紹介しました。
費用対効果も高く、比較的気軽に始めやすいリスティング広告ですが、事前理解と準備も必要です。

デジマ女子(R)に貴社のリスティング広告をお任せください

「リスティング広告の運用をはじめてみようかな」、「社内にリスティング広告に精通している担当者がいない」などの課題がある場合は、ぜひデジマ女子(R)にお任せください。貴社のサービス理解から情報設計~運用や改善と、貴社に代わり運用を一気通貫します。
詳細はデジマ女子(R)のリスティング広告運用代行のページをご覧ください。ご不明点はお電話でも承っております。

 

こっちゃんプロフィール画像

こっちゃん
業務内容:デジタルマーケティングに関するブログ執筆。現在はMAツールについて学んでいます。
趣味:キャンプ・オシャレなカフェに行くこと。キャンプはまだまだ初心者ですが、都会の喧騒から離れてゆっくりする時間がとても幸せです。

関連する記事

WEB広告 , デジタルマーケティング , 用語 , 広告
WEB広告用語60選!意味までしっかり理解しておきたい!

WEB広告用語60選!意味までしっかり理解しておきたい!

デジタルマーケティング , 運用 , 活用法
デジタルマーケティングの運用体制を構築する

デジタルマーケティングの運用体制を構築する

デジタルマーケティング , 活用法
ペルソナ設定とカスタマージャーニーの作り方

ペルソナ設定とカスタマージャーニーの作り方

よく見られている記事

デジマ女子 , 運用 , MA
デジタルマーケティングにおいて必要な人材とは?人材不足を課題とする企業が多いわけ

デジタルマーケティングにおいて必要な人材とは?人材不足を課題とする企業が多いわけ

デジマ女子 , WEB広告 , デジタルマーケティング , WEBマーケティング , インターネット広告 , オンライン広告 , デジタル広告 , 広告 , 広告運用
デジタルマーケティングの最初の一歩?|オンライン広告で押さえるべき8種類を解説!

デジタルマーケティングの最初の一歩?|オンライン広告で押さえるべき8種類を解説!

活用法 , おすすめの記事 , WEB制作 , コンテンツマーケティング
LP(ランディングページ)の作り方

LP(ランディングページ)の作り方

CONTACT
お問い合わせ

デジタルマーケティングに関するご相談などは お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

telphone

受付時間:平日9:30~18:00