デジタルマーケティングの最新動向5選!2024年のトレンドと市場の流れを解説

デジタルマーケティングの最新動向5選!2024年のトレンドと市場の流れを解説

デジタルマーケティングで成果を上げるためには、業界の最新動向を把握し、トレンドに沿った施策展開を行うことが重要です。

そこで今回は、デジタルマーケティングの最新動向5選と、抑えておくべきポイントを詳しく解説します。

データドリブンマーケティングの進化

データドリブンマーケティングとは、収集した大量のデータに基づき客観的に判断を下すマーケティング手法です。

今後のマーケティング業界では、AIやMA(マーケティングオートメーション)の進化によりデータによる意思決定がさらに進化すると予想されます。

ビッグデータの活用

ビッグデータとは、インターネット上で取得できる、企業の売上情報やユーザーの行動履歴・顧客情報など膨大なデータ群の総称です。

データドリブンマーケティングでは、このビッグデータをいち早く分析・意味づけし、素早く自社ビジネス戦略に反映させることが求められます。

AIや機械学習などの新技術の活用

2023年が「AI元年」と呼ばれたように、近年のデジタル技術は目覚ましく進化しています。

ビッグデータは今後も拡大を続けるため、データを正確にそして素早く処理するためにも、今以上にITツールを使いこなせる企業体制を目指しましょう。

リアルタイムマーケティング

リアルタイムマーケティングとは、顧客にあわせて個別にキャンペーン案内を送信したり、素早くデジタル広告を表示するなど、パーソナライズされたアプローチを行う戦略のことです。

データを即座に分析・活用することで企業側のマーケティングを最適化し、より積極的で消費者のニーズに沿った戦略立案が可能になります。

モバイルファーストの重要性

モバイルファーストの重要性

スマートフォンの普及により、消費者のほとんどがモバイルデバイスを通じて情報収集を行う時代になりました。

そのためモバイルファーストとして「企業がWebサービスを制作するとき、モバイルデバイスでの閲覧を前提としてサイト・アプリ設計を行うこと」が重視されています。

UI/UX設計をモバイルフレンドリーに

UIはユーザーインターフェース(画面レイアウトや操作性などの使いやすさ)、UXはユーザーエクスペリエンス(顧客が体験する価値や満足度)の略です。

スマホユーザーの増加に伴い、WebサービスのUI/UX設計は「タップしやすいボタンデザインにする、テキスト量を減らしてシンプルにする、ページの表示速度を短縮する」など、モバイル表示に最適化する必要があります。

SEO(検索エンジン最適化)対策にも有効

Googleなどの検索エンジンもモバイルファーストを推奨しています。

そのためSEOで上位表示を狙うのであれば、サイト構造の見直しやページロード時間の短縮、画像の軽量化などを行い、スマホに合わせた設計にしなければなりません。

モバイル広告がさらに重要に

スマホ利用者の増加に伴い、よりパーソナルなアプローチができる手段として、モバイル広告は重要性を増しています。

これから顧客満足度を高めるためにも、企業はスマホユーザーのニーズを理解し、モバイル広告に特化したクリエイティブや運用、配信を学んでいくことが大切です。

ソーシャルメディアの活用

ソーシャルメディアの活用

SNSやブログなどのソーシャルメディアは、企業の認知拡大やブランディング、顧客との双方向コミュニケーションなど、マーケティング戦略に欠かせない要素です。

ソーシャルメディア利用者が増加するなか、企業にとっていかにSNS広告やインフルエンサーマーケティングを活用するかが重要になっています。

幅広い顧客層にリーチできる

ソーシャルメディアであるFacebookやInstagram、Twitter、YouTubeなどは、世界中のユーザーに利用されています。

こういったプラットフォームを企業のPRに活用すれば、今まで以上に広範囲のターゲットにリーチすることができるでしょう。

ブランドの認知向上に役立つ

SNSなどのプラットフォームは、自社ファン育成にも有効です。

定期的にコンテンツを配信すれば、ブランディングや認知向上のほか、口コミやシェアによる自然な拡散効果も期待できます。

顧客とのコミュニケーションの場になる

ソーシャルメディアでは、顧客と直接コミュニケーションを取ることができます。

ユーザーのコメントやメッセージに素早く対応することで、顧客満足度を高めたり、長期的な信頼関係の構築にもつながるでしょう。

精度の高いターゲティング広告を配信できる

SNS媒体による広告配信は、ユーザーの興味関心・Web行動に基づいたターゲティングを得意としています。

ピンポイントでユーザーにリーチできるため、コンバージョン率を効果的に高めることができるほか、費用対効果(ROI)の最大化にもつながるでしょう。

ユーザーエクスペリエンス(UX)の重視

デジタルマーケティングにおけるUX重視とは、顧客が自社サービスを利用する過程で体験する「価値や感情」を最優先に考えた施策展開を行う事です。

UXを高めることで、顧客満足度やブランドロイヤルティの向上、コンバージョン率アップ、SEO効果などが期待できます。

顧客満足度が向上する

UXを高めるために重要なのは、顧客ニーズに合ったコンテンツ提供や、ユーザーフレンドリーで使いやすいWebサイト設計です。

顧客のオンライン体験を向上させることで、自社サービスや製品に対して好意的な印象を持ってもらい、長期的な顧客関係の構築につながります。

ブランドロイヤルティが向上する

質の良いUXを提供できれば、自社ブランドに対する信頼感や愛着度を高めることにつながります。

ファンやリピーターの獲得につながるため企業の売上安定につながるほか、既存顧客の口コミによる新規顧客の流入が見込めることも魅力です。

全体的なコンバージョン率アップが期待できる

UXの最適化は、顧客にとって使いやすくニーズに合ったWebサイトやアプリを制作することに他なりません。

わかりやすい導線を用意することで、商品購入や問い合わせなど、企業が顧客に期待する行動(コンバージョン)を取りやすくなります。

企業全体のコンバージョン率アップに直結するとともに、収益向上にも期待できるでしょう。

SEO効果がある

良好なUXを構築できれば、Googleなどの検索エンジンは「消費者にとって価値あるWebサイト」と肯定的に評価してくれます。

オウンドメディアのユーザー滞在時間や回遊率、アクセス数を高めつつ、SEOランキング向上につながることは大きなメリットです。

サステナビリティへの配慮

サステナビリティへの配慮現代のデジタルマーケティングでは、SDGsに基づいた持続可能な活動が求められています。

企業の責任として、配慮すべきポイントを3つ確認しておきましょう。

社会的責任を果たす

まず企業は、自社のビジネス活動において、環境や社会に与える影響をきちんと理解しておかなければなりません。

環境保護への取り組みや社会的公平性の担保など、企業のサステナビリティな姿勢をマーケティング施策にも反映させましょう。

消費者の期待

現代の消費者は、環境保護やサステナブルな商品を歓迎する一方、児童労働や環境破壊を行う企業のサービスを支持することはありません。

消費者の信頼を得るためにも、クリーンでポジティブな企業メッセージを発信し続けましょう。

ブランドイメージの向上

社会問題にきちんと取り組む姿勢は、企業のブランドイメージや顧客ロイヤルティを大きく向上させてくれます。

自社がどのように社会貢献できるか、消費者の期待に応える施策はなにかなど、常に問題意識をもってデジタルマーケティングに取り組むことが大切です。

まとめ

今回は、2024年のデジタルマーケティング最新動向として、以下の5つのポイントをご紹介しました。

デジタルマーケティング分野は常に進化し続けているため、マーケターは業界の最新トレンドを把握することで戦略のアップデートを続けていくことが大切です。

もしマーケティング施策やDX化について「ノウハウがない」「何からはじめていいか分からない」とお困りの方は、ぜひ当社の「デジタルマーケティング導入サービス」をご検討ください。

ITとデジタルマーケティングのノウハウを持ったエキスパートが密に連携し、お客様の状況にあわせて伴走支援させていただきます。

トレンドを抑えたマーケティング施策を展開し、ビジネスの成長へつなげていきましょう。

よく見られている記事

CONTACT
お問い合わせ

デジタルマーケティングに関するご相談などは お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

telphone

受付時間:平日9:30~18:00