マーケティングでAI(人工知能)活用は当たり前?必要とされる理由と活用事例

マーケティングでAI(人工知能)活用は当たり前?必要とされる理由と活用事例

近年、マーケティング分野で扱うデータ量は爆発的に増加しており、すでに人間が処理できる範囲を超えつつあります。
そこで注目を集めているのが、自ら学習しマーケティング業務の改善や最適化をおこなってくれるAI(人工知能)です。
複雑化する市場で競争力を高めるためにも、AI導入は今後多くの企業で課題となってゆくでしょう。

そこで今回は、マーケティングにおけるAI導入の基礎知識や、具体的な活用事例をご紹介します。日々の業務に追われて施策の分析まで手が回らない方、人材やリソース不足でお困りの方は、この記事を読みながらAIの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

AIとは

AI(人工知能)とは、人間の知的能力や思考を模倣する人工的につくられた技術やシステムのことです。ルールに沿って業務を自動化するだけでなく、自分で考えて行動できることが大きな特徴です。
このような学習が可能なAIは、「機械学習」や「ディープラーニング」とよばれています。

機械学習

機械学習とは、大量のデータから有効な法則やルール・パターンを見つけ出し、分類や未来予測を自動で行う技術のことです。
判断の基準となるポイントや学習目的などは人間がプログラムする必要はあるものの、さまざまな業務の自動化に貢献しています。
例えばECサイトのレコメンド機能や、商品の需要予測、在庫を一定に保つための生産調整などが代表例です。

ディープラーニング

ディープラーニングとは、機械学習をさらに発展させた自律思考ができるシステムのことです。
AIがデータをもとに反復学習を繰り返すことで「人に近い思考回路」を構築することができ、人間が指示しなくとも状況に応じた柔軟な判断ができるように成長します。
まだ発展途上の技術ですが、手書きの文字などの画像認識や、自然な音声認識、異常検知などセキュリティ強化などで活用が始まっています。

マーケティングでのAI活用

マーケティングでAIを活用するメリットは、ビッグデータ解析の効率化や、マーケターの工数削減、リソース不足解消などです。
しかし、具体的にどのような業務をAIが代行してくれるのか、明確に理解していない方も多いのではないでしょうか。
ここでは、実際にデジタルマーケティングでAIを活用する場面をご紹介します。

SEO対策

Webマーケティングで必須となるSEO対策は、AIの得意分野です。
自社のマーケティング状況にあわせて内部対策と外部対策のどちらでも活用できます。
例えばWEBページの監視や解析、内部リンクの最適化・コンテンツの自動更新・改善提案、タイトルや見出し文の自動生成、競合サイトの自動解析などです。

そのほかにも、Googleも検索順位を決めるアルゴリズムにAIを導入しているため、SEO対策にAIを導入することでペナルティ回避にも期待できます。

SEOについてはこちらの記事もご覧ください。
コンテンツSEOとは?上位表示される質の高い記事やユーザー分析のポイント

WEB広告運用

WEB広告運用には、入札単価やキーワード選定、ペルソナ設計やクリエイティブ制作などさまざまな要素があり、すべて人間が管理するのは手間がかかります。
しかしこの作業をAIに任せることで、大幅な作業工程の削減や時間短縮が可能です。

人間ではできないほど細かな分析や価格調整ができるようになったり、広告のパーソナライズの最適化、大量のコピー文の作成、デザインの評価なども自動で行うこともできます。
具体的にはリスティング広告の入札やレポート作成の自動化、ディスプレイ広告の媒体ごとの配信コンテンツや配信時間の最適化などに活用可能です。

WEB広告運用についてはこちらの記事もご覧ください。
WEB広告運用の仕事を解説!活躍するためのスキルとは?

スコアリング

スコアリングとは、顧客の行動を分析して数字化し確度の高いリードを見つけるための工程で、AIで自動化することができます。
特に近年登場したAI搭載のMA(マーケティングオートメーション)を使えば、見込み顧客のスコアリングだけでなく、スコア情報に基づいたナーチャリングの自動実施も可能です。

そのほかにもAIからスコアリングを元にした集客方法の提案を受けたり、ターゲティングの最適化もできるため、時間のかかるマーケティング作業の削減が期待できます。

データ分析

大量のデータの整理・分析や顧客管理などは、AIととても相性がいい作業です。
しかもAIが自動的に学習することで、単なるデータ管理ではなく、顧客の属性や行動履歴、購買歴などの状況にあわせて「確度の高いリード」や「解約や商談不成立になる可能性があるリード」などを予測してくれます。
またその応用として、予測に応じてAIが自動で顧客へパーソナライズされたコメントを表示したり、おすすめ情報を送信することで離客を最小限に抑えることも可能です。

企業によって扱うデータは異なるため、どこをAIに任せれば最も効率が良いかを考えながら導入するようにしましょう。

顧客対応

顧客対応はAIの苦手分野だと思われていますが、実はそうではありません。
多くのデータから学習したAIのナーチャリングは、人間が設定したMAのシナリオよりも精度が高いことがあります。
一人ひとりに対しピンポイントでアプローチを行うため、手間を掛けずにOne to Oneマーケティングを実現することが可能です。
またサービスチャットボットのように、顧客からの問い合わせに対してまるで人間が返答しているかのようにスムーズなテキストで返答できるAIも登場しています。

なにかと気を使う顧客対応をAIに任せることができれば、社員の作業時間の確保だけでなくストレスの軽減にもつながるでしょう。  

マーケティングでAIが注目される理由

マーケティングでAIが注目されるようになった背景には、いくつか理由があります。
ここでは代表的な3つの理由について具体的にご紹介します。

膨大なデータ

現在マーケティング業務で扱うデータ量は膨大すぎるため、もはや人間の手で分類したり取捨選択することは不可能です。
しかし自社の競争力を保つためには、このビッグデータをすばやく分析し、自社の施策に反映させることが求められています。

そのなかで注目されたのが、AIです。
機械学習ができるAIは、分析の高速化だけでなく、改善点や施策の自動提案などを行うことで業務効率化に役立ち、マーケティング市場での企業価値を高めることにつながります。

パーソナライゼーション

パーソナライゼージョンとは、顧客の属性や行動履歴によって表示するメッセージやコンテンツを変える重要なマーケティング施策です。
AIの導入が加速している理由のひとつに、近年扱うデータ量の増加によってこのパーソナライゼージョンの難易度が急上昇していることがあげられます。
AIを使えばビッグデータのなかから顧客分析を行い、自動的にひとりひとりにあった高品質なナーチャリングを実現することが可能です。

人材不足

マーケティングはやることが多く複雑で、マーケターは常に人手不足です。
そこで手間のかかるデータ分析やレポーティングをAIに任せる企業が増加しています。

大量のデータ整理や管理だけでなく、市場予測や顧客分析、施策の提案などを自動で行ってくれるため、データ解析はAIに任せて人間はよりクリエイティブなコア業務へ集中することができるのです。

人財不足に関してはこちらの記事もご覧ください。
人材確保が課題!デジタルマーケティングの内製化とアウトソーシング

AIで人の仕事は本当に奪われるのか?

AIをを効果的に使うことで業務効率化が図れるものの、将来AIに人の仕事が奪われてしまうのではないかと懸念する声もあがっています。
しかし、いまのところその心配はありません。

AIはできることが増えてきているものの、まだ完全ではなく、最終的な意思決定やコミュニケーションを行うのは人間です。
今後はAIに得意分野を任せながら、人間とAIがうまく補い合って行くことが大切になるでしょう。

AI活用でマーケテイング業務を効率化するには

マーケティングで扱うデータはすでに人が処理できる量を超えており、さまざまな業務を代行するAIの導入が増加しています。
常に人材不足に悩まされているマーケターは、今後の業務効率化や他社との差別化に向けて、いかに効果的にAIを活用できるかが課題となってくるでしょう。

もしマーケティングの効率化や、AI搭載のMAの活用、WEB広告運用の最適化などでお悩みの方は、一度「デジマ女子」までご相談ください。
デジマ女子はデジタルマーケティングの専門家集団で、貴社に最適なAI活用から業務効率化まで、徹底的にサポートします。
どんなにAIが便利になっても、最終的な判断やクリエイティブ業務を行うのは人間です。
AIを正しく活用して、自社サービスの価値向上へとつなげてゆきましょう。

関連する記事

MA(マーケティングオートメーション) , メルマガ , メールマーケティング
おさえておきたい!読まれるメルマガにある3つの共通点とは?

おさえておきたい!読まれるメルマガにある3つの共通点とは?

MA(マーケティングオートメーション) , デジマ女子のスキル , WEBマーケティング
MAツールの運用代行サービスとは?メリット・デメリットを解説!

MAツールの運用代行サービスとは?メリット・デメリットを解説!

MA(マーケティングオートメーション) , SEO , 広告 , SNS , ウェビナー , WEBマーケティング
リードジェネレーションの意味とは?8つの具体的手法を初心者にもわかりやすく解説

リードジェネレーションの意味とは?8つの具体的手法を初心者にもわかりやすく解説

よく見られている記事

CONTACT
お問い合わせ

デジタルマーケティングに関するご相談などは お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

telphone

受付時間:平日9:30~18:00