マーケティングツール

WEB広告を内製化できる?メリットから成功のポイントまで詳しく解説

WEB広告を内製化できる?メリットから成功のポイントまで詳しく解説

WEB広告はこれまでのオフライン広告と比較すると、低コストで効果をあげやすいことが特徴です。
しかしこのWEB広告運用はすべてを代理店へ外注するとコストがかさむため、近年では運用を内製化する企業も増加しています。

そこで今回は、WEB広告運用の内製化には何が必要か、メリットや課題などを網羅して解説します。
最後に内製化を成功させるためのポイントも2つご紹介しますので、外注か内製化か迷っている方や、内製化の方法を探している方は参考になさってください。

WEB広告の内製化とは

WEB広告の運用には、広告代理店に外注するアウトソーシングと、自社で運用するインハウスの2通りの方法があります。

そのなかで、これまで外注していたWEB広告を社内で運用できるようにする取り組みが「WEB広告の内製化」です。
この内製化を実行するためには、広告掲載に関わるすべての作業を社内で行えるようにしなくてはなりません。

例えば必須業務だけでも、WEB広告媒体のアカウント作成、ターゲットなどを管理するキャンペーンの設定、広告文やバナーの作成、入札単価の調整などがあります。
また、定期的に広告運用レポートやアナリティクスのデータを分析して、広告運用を最適化してゆくことも重要なタスクです。

WEB広告の内製化には多くのメリットがありますが、このような幅広い運用業務にチームが対応できるかどうかを検討しつつ判断するようにしましょう。

Google広告の出稿や運用方法についてはこちらの記事もご覧ください。
Google広告とは?広告運用で失敗しないために知っておきたいこと

WEB広告の内製化によるメリットとは

WEB広告の内製化には、広告代理店への外注と比較して4つのメリットがあります。

スピーディーで臨機応変な広告運用ができる

一般的に広告代理店は同時に複数の広告運用を代行しているため、要望を伝えても反映まで時間がかかる可能性があります。

しかし内製化ではWEB広告に関する作業をすべて自社内で行うため、自社のペースに合わせて臨機応変な運用が可能です。
また、WEB広告の成果をみながら必要に応じて仕様変更したり、社内の決定事項をスピーディに反映することもできます。

広告に関するやりとりが社内で完結するため、運用担当者のコミュニケーション負荷が軽くなることも大きなメリットでしょう。

WEB広告の運用についてはこちらの記事もご覧ください。
WEB広告運用の仕事を解説!活躍するためのスキルとは?

自社サービスを熟知した担当者が広告を運用できる

WEB広告の効果を高めるには、商品の魅力が最大限に伝わる広告を作成しなければなりません。
そのためには商品やサービスへの深い理解が求められるため、外注先に依頼した広告では満足の行く結果が得られないかもしれません。

その点、社内担当者であれば商材のアピールポイントを熟知しているため、具体的なターゲット層の設定ができたり、より訴求力の高いコピー文やクリエイティブを作成することができます。

広告代理店への外注コストを削減できる

広告代理店にWEB広告運用を依頼すると、広告掲載にかかる実費のほか、一般的に広告費の20%を運用手数料として支払わなければなりません。

そのため、まとまった予算を用意できない企業は積極的に広告を配信することが難しくなります。
その一方で、WEB広告運用を内製化すると外注費を抑えることができ、広告費用をコストダウンすることが可能です。

広告の予算と効果についてはこちらの記事もご覧ください。
広告シミュレーションでリスティング広告の運用を最適化!

社内の環境整備やノウハウ蓄積につながる

WEB広告を内製化することで、過去データをいつでも閲覧できるだけでなく、社内に広告運用のノウハウを蓄積することが可能です。

実際の広告運用を通じて得られる経験や知識、スキルは企業の資産となり、マニュアルや人材育成システムなどの社内環境の整備にもつながるでしょう。

このような社内運用でしか得られない知見は、将来の広告施策に活用して企業の競争力をたかめることにもつながります。

WEB広告内製化の課題

WEB広告の内製化にはメリットが多いものの、実際の導入にはいくつかクリアしなければならない課題やデメリットがあります。

ここでは代表的な3つの課題を解説します。

広告運用担当者の育成には時間がかかる

企業がWEB広告運用を内製化する場合、まずは運用チームや担当者を任命する必要があります。

しかし、はじめての内製化では、広告運用に関するノウハウが不足していたり、運用担当者の育成からのスタートになる企業がほとんどです。

WEB広告運用では「アカウント」「キャンペーン」「入札単価」など、多くの専門用語や仕組みを理解しなければならないため、内製化が軌道に乗るまではかなりの時間やコストを覚悟しなければなりません。

デジタルマーケティング人材の確保についてはこちらの記事もご覧ください。
人材確保が課題!デジタルマーケティングの内製化とアウトソーシング

最新情報のアップデートを行う手間が増える

WEB広告の運用動向やツールのアップデート、トレンドは日々変化するため、広告効果を最大化するためには常に情報を収集し続けなければなりません。

また、他社の運用実績や成功事例などが入手しづらくなるため、問題が起こっても自社でトライアンドエラーを繰り返しながら解決する必要があります。

広告代理店に任せていれば最新のWEB広告の動向や、成果の出やすい手法をふまえて運用してくれますが、内製化を進めると運用担当者にこの負担が集中することを覚えておきましょう。

担当者が属人化する可能性が高い

WEB広告運用は専門知識がもとめられる一方、属人化しやすい業務です。
運用担当者がひとりだと異動や退職で引き継ぎの手間がかかったり、次の運用担当者が同じように成果を出せない可能性があります。

このような事態におちいらないよう、属人化を防ぐためチームで運用したり、社内の教育体制を整えてスキルを標準化するなどの工夫が重要です。

内製化を成功させるためのポイント

WEB広告の内製化にはメリットもありますが、克服しなければならない課題もあります。
ここでは内製化で困らないためのポイントを2つ解説します。

社内の広告運用体制を整えて専門チームを作る

WEB広告運用は幅広いタスクが含まれるため、通常業務に追加する形では運用担当者の負担が大きくなりすぎて、様々な業務が圧迫される可能性があります。

そのため広告運用に集中して取り組める体制を構築するためにも、必要な人材や環境を整えて専門チームを作ることが大切です。
また、属人化を避けるためにも、ひとりに負担が集中しない業務フローを作成しておくようにしましょう。

なお、完全に内製化する前には必ずトライアル期間を設け、本当に内製化できるかどうかを判断することが大切です。

内製化支援のサービスを利用

WEB広告運用を内製化するにあたって、もし社内に運用経験者や十分なノウハウがない場合、急にすべてを自社で行うことは難しいといえます。

そのため、もし自社のみでの内製化に不安が残る場合は、まずは外部企業の支援サービスを活用しながら徐々に内製化を進めるのがおすすめです。
内製化支援サービスを通じてWEB広告運用の知識やノウハウを学べば、自己学習を行うよりもはるかに実践的で有用なスキルを身につけることができます。

また外部企業を活用すれば、広告運用における自社の強みや弱み、運用体制にも客観的なアドバイスを受けられるため、自社で試行錯誤するよりも短期間で成果を出すことができるでしょう。

WEB広告の内製化に失敗しないための支援サービスとは

WEB広告の内製化にはメリットが多いものの、注意しなければならないデメリットもたくさんあります。
そのため、内製化を検討する際は自社が今持っているノウハウや人材について整理し、最適な内製化方法を選ぶことが大切です。

もし、現在の広告代理店に不満がある方、内製化のスキルやリソース不足を感じている方、内製化に踏み出せず悩んでいる方は、ぜひ「デジマ女子」までご相談ください。
デジマ女子は、広告プランニング・運用のプロとしてお客様に伴走し、課題を解決するスペシャリストです。

WEB広告媒体の管理や運用などの細かな業務支援から、社内の人材育成のアドバイス、内製化のスケジュール立案まで、お悩みに合わせてサポートします。
WEB広告の内製化を成功に導くためにも、まずは自社に合った支援サービスの選択からスタートしてはいかがでしょうか。

よく見られている記事

CONTACT
お問い合わせ

デジタルマーケティングに関するご相談などは お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

telphone

受付時間:平日9:30~18:00